超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新しい足2

2009年8月からの新しい足

BMW Z3 back


BMW Z3 side

BMW Z3 front

中古車でBMW Z3という。二人乗りのオープンカー(車検区分で幌式)で帆布のソフトトップ、走行6万キロ、2001年式だ。値段は多くの人が聞いて驚いたように、あなたが想像するものよりずっと安い(英語風にいうと)。

惜しむは10月から海外転勤になって、もう乗れないことだ。なんともまあ・・・・人生ってやつは。しかしこの二ヶ月の間に、こいつでいろんなとこに行ったな。

長野ビーナスライン
IMG_0445.jpg



伊豆スカイライン
IMG_0460.jpg

IMG_0459.jpg


銚子 犬吠崎
犬吠崎灯台
鹿島灘 風車
千葉 倉橋駅 無人駅



奥多摩周遊道路
奥多摩 ダム

まあ、時間の制約上、都内からほぼ最寄の東西南北のポイントになったが。。。


車を買った動機は単純、自由がほしかったからだ。このセリフを飲み会の帰りに会社の同期に言うと、尾崎みたいだねと軽く笑われる。でもたぶん、だれもが同じことを考えたことがあると思う。自分の時間を会社に売って、働く以上、ややもするとハムスターのように、家と会社の間をぐるぐる往復する。そんなときに、自分が自由人であることを証明するためには、モーターの力を借りて空間を自在に移動するのが一番いいと思う。

夜中にちょっと気分転換にレインボーブリッジへ、 横浜の赤レンガ、大桟橋へ。日曜日の朝にちょっと海辺へ、山へ。自転車じゃ遠すぎる場所が多いし、電車は結局敷かれたレールの上を走っている。そう思って、僕は春先に中型二輪の免許を取って、バイクで自由を手に入れようとした。毎週末川口の教習所まで通学して、理不尽な免許制度に疑問を抱きながらバイクにまたがった。でも実際バイクを習ってみると、楽しいが危険な乗り物だと気づいた。会社の先輩も、「16歳や60歳ならまだしも、25歳でバイクに乗るのはリスクのとり方として間違っている」と助言してくれた。いままでの人生の投資を回収するこれからっ、ていう時期を台無しにしかねないからだそうだ。それで、結局車を買うことにした。
IMG_0435.jpg

 買うと決めてからも結構てまひまかかった。ネットで価格調査をした。近所を歩き回って車庫を探した。日曜日に遠方まで行って物件の下見をしたし、昼休みに警察署に行って車庫証明を取った。あと夜な夜な税金とか車検、カーナビやETCについえ調べて読んでたな。ともかく7月から初めて一ヵ月後には購入を決め、千葉のディーラーから京葉道路を経由して、まわりの130キロ野郎にビビリながら文京区の自宅まで運転したな。下の写真は最初に給油したとき

BMW Z3


結局この車は埼玉の実家の車庫に眠ることになった。2ヶ月という本当に短い間だったけど、いろいろ好評だったなー。20代独身男にしてはいい買い物だった。よくやった。







スポンサーサイト

テーマ:BMW - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/10/17(土) 21:52:40|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

このブログについて

このブログでは僕の思想、見解を公開していきたいと思います。URL RSS 
内容は中国時事評論でスタートしましたが、結局雑多になりました。

ご意見、コメント、反論は大歓迎です。

ブログ著者の実名は公表できませんが、略歴は左をご覧ください。

代表作

新しい足

英語ドラマの薦め ~TOEIC990点への道~
エイジ・オブ・アクセス
中国の法と社会1 ~トンデモ犯罪事情~
人間の目は何万画素か  ~CDとDVDの
完璧な美人が、実はそうでもなかったときに関する考察
日曜日成蹊大学に
中国と日本の経済格差(翻訳)
文章を書くことの重大さ
このブログの今後の方針1 ~ビュブリック性とブログ炎上について~
  1. 2008/07/14(月) 11:02:48|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ちょっとマニアックなYoutube

おもしろい歌をみつけた。マジでCoolです。ミリオンセラーくらいの価値があると思います。

バージョン1


バージョン2


そして元ネタです



(バージョン4、まだいろいろある)



最近Youtubeの文化ってすごいなーと思う。ムスカ大佐のニコニコ動画とか、似てるものとか。


JRの構内メロディー


似てるもの


なぞの人気を誇るムスカ大佐



そして極めつけ、あらゆる才能、センスを感じさせるこの動画



日本も人材の層が厚いな・・・・一億数千万でこれだけの才能がいるとは。



しかしアメリカはもっとすごい人材がいた。
  1. 2007/09/02(日) 18:44:46|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そういえば仕事

仕事についてまだ書いてませんでした。いろいろ考えあって書きませんでした。

仕事は楽しいですかって?
そうね、テニスとかパソコンとか、晴れた春先のサイクリングに比べると楽しくありません。趣味よりはつまらないです。しかし、いままでにやったどのバイトよりも楽しいです。それは今この時点で面白いというのもあるが、この先あれもこれもできるようになったら、と想像すると楽しいのだと思います。金融の世界はクソみたいに排他的(専門的)で、わからないことだらけですが、それでも本心からこの仕事を選んでよかったなと感じます。What the fuck is this!!?とキレながら前進したいと思います。


会社は、結局過ごしやすい会社です。まったりしようと思えばそれなりにできます。実際にシニアの人たちは人生をとてもエンジョイしています。しかし新卒の僕は、放任で成長が遅くなるのではと思うと恐ろしいです。




人は本当に優秀な人が多いです。組織としてみたときに、ぉぃぉぃと感じることもしばしばありますが、個々人を見てみると、まだどいつも抜ける気がしません。自分は間違っても10年に一人の逸材ではないことがわかりました。ミスもよくします。人間なんてそんなもんですね。新入社員は仕事できないというのは本当です。うそじゃありません。


そんなところですかね。

就職活動の季節になって、弊社にもインターンの学生がやってきます。よく考えて、疑問をよく投げかけ、この世界に対して自分なりの見方を作り上げておくべきだと思います。常識とか前提を捨てて、自分で今一度考え抜くこと。そうすれば、面接で何を聞かれようと、トンチンカンであほな答えをすることはないと思います。

まあもっと具体的に言ってみると、たとえばこの三つの質問について考えてみるといいかもしれません。

1.なぜ学割料金が存在するのか。
2.なぜ客はエラそうに振舞えて店はペコペコしなければいけないのか。
3.なぜお金を借りると利息を取られるのか。


ぜひ自分の世界観をもって、貫き通してください。
  1. 2007/07/26(木) 21:55:02|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地デジ

家の地デジが映るようになって、うれしかったこと。
・恋の空騒ぎを毎週録画できるようになったこと。
・全英オープンを見ながら裏でF1を高画質録画できること。


悲しかったこと
・クリステルの化粧がテカッて見えるとき。
・クリステルのしわがクシュっと見えるとき。


土曜はテニススクール二軒梯子して、T崎さんとA部と彼らの彼女にお会いした。面白かった。
  1. 2007/07/23(月) 21:15:05|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。