超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北京の追憶

ある学生ビジネスコンテストが北京で行われた。それに参加するために、7年ぶりに北京に行ってきた
期間は8月3~13だから、追憶というのは少々大げさかもしれない。

町の印象 悪い印象
・北京は雨が降らないとほこりぽかった。東京の空気も悪いが、ここでは交通量の多い通りでは息さえしたくない。
・雨が降ると汚い。道路の排水機能が悪く、長安街といえど十数センチも水が積もる。
・タクシーがぼろい。ある晩、窓が上手く閉まらないタクシーに乗った。そうすると、となりを他の車が走り抜けるので、大きな水しぶきが上がり肩がびしょぬれになった。
・予想したほど街並が発達していない。まだオリンピックに向けて準備してる様子も見えない。
・車がしょぼい。外車といえば、やたらとアウディが街中を走っていた。次に多いのがベンツ。日本車はすくない。あ、これ悪い印象とかじゃないね。


街の印象 いい印象
・夜タクシーで天安門前を走っていたら、道路の広さに感動した。片側8車線?ライトアップもキレイ。
・人がずいぶんと良くなった。洗練されたと言っても良い。道を聞くと親切に教えてくれる。
・後海あたりのBARはきれいな雰囲気だった。そんな素敵なデートスポットは東京にもなかなかないと友達が漏らした
・天福銘茶はよかった!あの試飲ビジネスモデルにはまり、三時間ほどお茶でもてなされてからは、みんな気付いたらたくさん購入していた。
・店員の態度も良くなった、少々売りつけ根性が強いのを除けば、基本的には懇切丁寧。
・上半身裸で街をうろつくおっちゃんはまだいた 笑
・北京ダックは絶倫に美味かった。値段は30元から180元まであるが、やはり全集徳のが一番おいしかった。


出会った人々
 Shinは最初のルームメイトだ。駐韓米軍で兵役を終えた彼は25歳、初対面の印象派アウトローな小やくざという感じだった。彼はひっきりなしにホテルについて文句を言い、大会スタッフの対応、夜間外出禁止についても文句を言っては、僕に同意を求めてきた。
 京燕ホテルはまあまあだった。一応えせ豪華で清潔だし、サービス人員の態度もいい。タオルが少々堅いのと、市街地からはずれすぎているのを除けば、なにも問題はなかった。Shinの不平に対しては、僕は"It's fine for me."という調子で返しつづけた。
 Shinは服にはとても気を使い、BVLGARIの香水をいつもこれ見よがしに机の上に置いていた。夜になっては出かけ、しまいに昼のプランニング中にデートに行きやがった。彼はことあるごとに、ソウルのすごさを語り、「日本と変らないぜ」、或いは「東京でもそうなんだろう?」と締めくくった。
 この締めくくりには腹のなかで笑いを禁じ得ず、はじめのうち僕は「こいつぁバカだな」と思っていた。でも大会が終わったごろに彼が天才だと気付いた。彼は結局育ちがよかったのだ。人の気持ちを良くわかり、誰からも好かれ、コミュニケーション能力が高く、強がるものの、人を傷つけるようなことを決して言わない。人の話を理解するのにも長け、なによりも発想力がある。
 プラン中の経営戦略の多く(本当に多く)は彼のアイデアだった。アートギャラリーをやろうということ自体は僕が最初に言い出したが、僕らが勝てたのは彼の多くのプロモーションに関するアイディアのおかげだったと思う。
 彼はアイデアを思いついて、しゃべり、またどっかに行ってしまう感じだった。最後は手際よくpptファイルを仕上げてくれ、まさにプロって感じだった。そして彼は、常に同時に子供だった。




 Jullieは賢い女の子だった。北京大で芸術を専攻していて、上海出身だった。彼女はどのくらい賢いかというとTOEFLが677点中、653点!最初に会ったとき、チームメイトが二人とも女の子じゃないこと(supposed to be two girls but it turned out to be Shin & Jullie)に内心がっかりしていた僕を、すぐに会話で元気付けた。
 彼女はしっかりしている。行動は尽く謙虚で、意見がぶつかるときは必ず譲ってくれた。かといって、よくいるような「人と距離を取ったような付き合い方をする子」ではなく、それどころかすごく踏み込んで関係を築く人だった。僕は性格がきついので、ここまで踏み込まれておきながら、信頼が成立したのははじめてかもしれない。あんな短期間で。今思うと器がでかい。
 彼女はきちんと女の子らしかった。よく笑い、うなずき、自然体で、買い物好きで、方向音痴だった。医大生の彼氏を持ち、一度部屋で電話するところを聞いたが、その甘えた口調の中国語はすごく新鮮で印象深かった。
 6日間に渡る僕らのプランニングは彼女なしには成立しなかった。Shinの次によく出歩く僕を尻目に、彼女はいつも着々と作業を続けていた。膨大なワードレポートをやや堅い口調の英文に書き上げ、僕と議論しては僕の独断で押し付けがましい見方に同調してくれ、訂正作業をするのだった。
 最終日、彼女はどもり一つせずにしゃべりとおした。審査員である二十名を越える大学教授と企業経営者の前で、400名を越える聴衆の前で、彼女は聴衆をひきつけて話した。彼女は一度原稿を読めば、覚えてしまう能力を持っていたのだった。
 彼女は将来マスコミ関係で働きたいという。いっしょに798芸術区にフィールドリサーチに行った際いろいろと将来のことも話したな。きっといっしょに絵を選びに来た新婚夫婦に見られていると内心思っていたのは、僕だけだろうか。

 張PENG



 MinKyongはソウル大学から来た女の子で、バスの中で隣になった。いまになってどうして彼女のことを良く思い出すのかわからない。でもおそらく彼女がナイス・スタイルだったことと無関係ではない。彼女は細身巨乳だった。こんなことを書いていると俺の人格が疑われるけど、最大限心からの誉め言葉のつもりだ!

 話が盛り上がって、今度東京に遊びに行くけど、物価が高いのが心配というと、
"You could stay at my place"
"Thanks"
"Well, of course you know what that means." 
彼女はやんわりと微笑んで言った
「それは私がベッドに寝て、あなたが床に寝るってことでしょ?」

彼女はBainというコンサルを知っていて、そこに就職できたらいいとも思っていた。僕がBainのインターンの話をすると飛びついて、また話が広がった。結局まとまって会話をしたのはバスの中と天安門観光のときだけだったが、二三日後に再会すると彼女はとてもうれしそうに手を振りながら、元気?と聞いてくるのだった。やっぱりこういう女の子はいいと思う。


Yanjing
イェンは北京師範大学から来ているサポーターだった。彼女は軽く八頭身くらいありながら、さらさらした髪と童顔で中学生くらいに見えた。子供だと思って近づくと、そのスラリとした背の高さにびっくりするだろう。彼女をガイドに指名したのはMinkyongだった、「私かわいい子が好き」と。 たしかに彼女は際立ってかわいかった。
 まだ一年生の彼女の前では僕はつとめて大人に振舞った。それkが功を奏してか、さっそく「おじさん」と呼ばれてしまった。サークル以外二箇所目である。天安門広場では趣味の話などもしていた。ずっと英語で 笑 彼女はテニスが好きで、お気に入りの選手はレイトン・ヒューイットだった。


 Yang Bo
ヤンとは二、三回話していないが、リーダーのオーラーを感じた。ヤンは中国側のチーフスタッフで、いつも良く通る声で、簡潔に話し、みんなに指示を与えた。もう一方の迷ガイドジャンヌダルクとは大違いだった。彼は浅黒く、たくましい身体にいつもスニーカーと短パンをを着込み、やさしいけど力強い目をしていた。同年代で彼ほどカリスマオーラーを発していた人にはそれまで会ったことがなかった。



 Jiho
 
 
スポンサーサイト
  1. 2005/08/19(金) 03:17:44|
  2. 日中関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

いま北京にいます。

The life is fun here, but after all this city sucks.

次は13日に書きます。
  1. 2005/08/07(日) 10:41:54|
  2. 日中関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

最近世の中の動きに対する感想

1.中国政府は必ず外圧の影響を無視するだろう。自分の為替政策を、少しずつ、だが着実に実行するだろう。これは切り上げ前から言われていたこと。今回の2パーセントとて米国の基地外法案に反応したわけじゃない。もとからの予定だと思う。


2.中国人が情報無知だというのは迷信だ。共産党が一番悪いことも、大躍進で数千万人死んだことも、汚職がひどいことも、暴動が起きていることも、人民はみんな知っている。どうも「政府メディアが伝えない=人民が知らない」というバカな図式を持ってくる日本人が多い。それで、情報化が進み国民が真実を知れば、蜂起→分裂という論法につなげる。
 バカやロー、中国人はすべてを知りながら諦念の元でプラグマティカルに生きてんだよ。
株価でいえばすべての悪材料は折込済みだ。それ以上の反応はない

3.英テロについて。ひどい。なにがひどいかって、ブラジル人技師を5発打ち込んで射殺したことが。ある意味、少数民族発テロが最高の形で成果を発揮した。偏見、先入観という形だ。これから日本でもテロが起きるというが、その心配はあまりないと思う。日本は無宗教だ。それほどアメリカと一蓮托生でもない。契約関係だ。本当の運命共同体は英語諸国であり、日本は所詮短期的な取引相手。それで話が変るが、日本は一刻も早く再軍備した方がいいと思う。この点においておれは右翼。

4.エジプトテロについて。いまBBCでやってる。まだ情報が集まってないが・・・・

5 ボスニアのスレブレニツァ虐殺から10年。この事件をおれは知らなかった。でも聞いただけでも推して知ることはできる。オランダ軍が非難されるのも当然だ。いつの時代も、尊ばれるのは人間主義だろう。それに背を向けたものは、歴史に笑われる。政治家は心するべきだと思う。

  昨日お茶女のテニスコートで練習して、飲み会。シュウマんち行って朝5時までゲロ状態だった。飲みすぎて建築のやつらとまともに話せもしない。苦笑
  さっき後輩のM子ちゃんからメールが来て俄然ハッピーな俺☆ 笑
  1. 2005/07/24(日) 23:54:20|
  2. 日中関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中国はあなたが想像する以上に豊かである

中国はとことんチープなイメージだ。

 食べ物が安い、製品が安っぽい、人も安い・・・

一方で中国が、一部の分野においてはとことんハイテクであると人々は知らない。

世界で四番目に原爆をつくり
   三番目に有人宇宙飛行をし
   二番目にリニアモーターカーを作ろうとしている。
   大陸間ミサイルでは世界一番と言われる精度を持つ。笑

北京、上海間の高速鉄道建設では日本とドイツの両方に打診しながらも、最終的には技術を吸収して、自前でやってしまおうと言う戦略があるらしい。強かだ。


ところで、考えてみれば、世の常として中小企業よりも大企業の方が技術レベルが高い。

そうでしょ?大企業の方がより高度な技術を持っている。

国境もまた法人という枠と同じように、世界を区切って、技術が培われ行き渡る障害となっているのだ。

だから、大国の方がより技術が発達していてもなんら不思議ではない。


話し変って、先日Warton SchoolのFranklin Allen教授が東大で公演を行った。題して「中国の金融システムと成長」だが、

ひさびさに聞く中国マンセー論にはおれがビビッた

 この人、どこのデータをひっぱてきたのか知らんが、中国がGDPで世界二位だと言い放つわけ。

もちろんPPP(Purchasing Power Parity 購買力平価)で考えてのことだ。

つまり物価水準も考慮に入れれば、中国は世界二位だというわけ

ちなみに普通の世界のGDPランキングは
1.US 10146 (単位Bil.$)
2.Japan 3978
3.German 1978
4.UK 1552
5.France 1409
6.China 1237
7.Italy 1180
8.9.10 Canada Spain Mexicoの順

これがPPP、購買力平価ベースとなると
1.US 10138
2.China 5732
3.Japan 3261
4.India 2694
5.Germany 2171

で各国の成長率はというと
1.China 11.3%
2.English Origin Country 5.0%
3.French Origin Country 4.0%

となっている。データーは世界銀行

これらから結論は安易に

China will become the World's largest ecoomy in 10 years.

となっている。笑 
いや、もちろんそうなったらおれは食いっぱくれる心配がさらに減りマンセーだが

思うにこの論に対する批判は、ある

1.まずPPPでGDPを考えるのはおかしい。中国が日本の前に来て、インドがドイツの前に来ているのは不自然。先進国でしか作り出されない財、サービスもあるから、一口に物価水準といっても同視はできない。

2.次に、中国がPPPベースで10年以内に世界で1位になるってのは、あくまでもすべての国が現在の成長率をキープした場合の話だ。
中国の経済学者が指摘するように、国内矛盾が多すぎる中国はこのままの速度で成長するのは難しい。

それでもやはり、中国国内にある物流の量全体が、日本国内より豊富だ
と考えることはできる。購買力平価、つまりGDP÷物価で多いわけだ。


さて、どうして中国がこんなにもSuccessfulなのか

中国と言えば

-Legal system is not Good
まあ、そのまんまだね
参考記事

-Financial systme does not work well
NPL(不良債権 Non Performing Loan)が25%にも達するということに象徴される。負債隠し、起死回生のため腐りきった国有企業が上場し、とたんに暴落。一般投資家に損害を負わせている。これについては、先進的なことに株式代表訴訟にまで発展した例がある。


-Corporate governance is poor
企業の所有と分離が進まず、国有企業の経営者の汚職が激しい。



1.法制度については、現在政府が躍起になって「法治社会」キャンペーンを打ち出してるが、本質的な改善は無理だろう。民主選挙が行われない限り、役人を代謝する機能が働かず、どんどん腐りきっていく。ましてや金銭至上主義の世の中では腐敗がなくなるはずは無い。官跋扈すれば民苦しむ。王朝史のごとく。

2.次に金融システムについて、不良債権率25%(一説によれば50%)はやばい。日本の最盛期十数%よりはるかにやばい。ちなみ不良債権ってのは銀行の財産のうちの何%が「実は財産じゃねーじゃん!」ってことね。財布の中に一万円入ってるともったら実は8千円しかなかった感じ。
んで、この不良債権に対して先日衝撃的な解決法が!
リンク先は読みづらいので、簡単に言うと、外貨準備高を銀行にあげちゃうてことだ。これ、かなり???だった。おれいくら考えても意味不明。まず外貨準備ってのは、政府が溜め込んでる米ドルやらユーロやらIMF引出権のことね。なんでそんなもんを貯め込むのかっていうと、世界的に見たら円は紙くず(いいすぎ)で何も買えないわけ。君が小さいごろに発行した肩タタキ券と同じね。家庭内でしか通用しない。 じゃ世界ではなにが通貨として購買力を持つのかというと、ドル。あと最近はユーロ、昔から金。

さて、この外貨準備は一応政府の所有だが、政府のものは国民のもの。
外貨準備を銀行に注入するってのはどういうこと?くるくるパー でもよく考えたら、日本の公的資金注入と似てるね。ようは税金の換わりに貯金を使うこと。なんで外貨準備を使うのかと言うと、「最適規模」を超えた中国の外貨準備つまり外貨が余ってるわけ。

ここで、中国の外貨準備高は500Gドル(ギガ=Billion=10億=10の12乗のこと) 日本の外貨準備高は6~800Gドル。おれのハードディスクのバイト数の二倍だ! こう考えれば日本もいざとなったら今の国債残高を外貨準備で充てて消却しちまえばいいじゃん!名案☆おれ天才・・・・・・

ともったら甘かった。
まず日本の国債600兆円ってのはドルにすると、500Gドルくらいで、外貨準備を全部食い尽くしてしまう。そうはいかん。貿易できなくなる。

で、同じことを語る世銀のデータだが

{各国のNPLs(不良債権)+Net Government Debt(純国債残高)}/GDP    ←もう一回読んでよく意味考えてね

を見ると 2001年

日本119%
アメリカ38%
中国22.1%

やっぱいいねー、若い国は・・・

日本終わってんじゃん!老いるし人口減るし経済規模もちぢむし。借金どう返すの?

3.最後に、コーポレートガバナンスの問題

中国では国有企業が雇用人口、資源の多くを占めるのに、その作り出す付加価値は25%しかない。残りの75%は私有企業による。

国有企業の取り締まり役会は共産党員で占められ、ハイアールに至っては党中央の大物が民間人面してトップをやってる。この変態的体制の問題点は多く、それに気付いた中国も改革をはじめている。国有株を少しずつ、だが着実に放出している。金融業界の規制緩和、民間育成に着手している。


以上はすべて中国経済の問題点を述べたもので、それでも中国は好調だ。結局、現時点で中国経済がうまくいってる理由としては二つ考えられる。

一つは、文化的、商習慣的な背景。これについては講演者もあまり深く踏み込まなかったため、ここでは省く。具体的には家族商人、評判、掟といったものがリーガルシステムの代わりに作用していたということだろう。


もうひとつはハイ・テクノロジーとローコストだ。これについては内容を忘れたので、ここでは省こう。多分、繊維産業で他の途上国に圧倒的な差をつけていることを思い出してもらえれば分かると思う。

ここで、講演者は言及しなかったが、当然国際格差も中国経済発展の原動力である。製品を豊かな先進国に輸出して儲ける・・・その簡単な仕組みはまるで水位の差を利用した発電に似ている。いままでこれだけの経済格差があったのだから、今中国は豊かになるべくして豊かになったのだというべきだろう。

 エネルギー同様に、富もエントリピー増大の法則にしたがって拡散する時代である。世界はレベルが均一化している。

均一化するのは人工的な障壁は弱まりつつあるから。障壁が弱まるのは、地球は小さすぎるからだ。しょせん、電磁波なら一秒間に7周も回ることができる星☆ 人類はやがて自由にコミュニケートし、障壁を取り払いつづける。

 何十年かかるか分からないが、そんな均一化の方向で動いてる気がする。レベルが低すぎた中国の発展の原動力も、結局はここにある気がする。
  1. 2005/06/30(木) 19:32:57|
  2. 日中関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

中国のネット言論統制と「水木清華BBS」と

中国では、ネットに対する検閲がどんどん厳しくなっている。

「法輪功」「天安門」「台独」といったキーワードに反応し、閲覧できなくするシステムを政府が強制している・・・ばかりか
 
 なんと「自由」「民主」といった言葉も検閲対象!

 まったく笑止千万。これで日本の与党の名前も書けないわけだ。

MSが中国のネット検閲に協力する少し前、清華大学の「水木清華BBS」という掲示板が当局の手によって閉鎖された。

 そのさらにすこし前、北京大学「一畳糊塗BBS」も閉鎖されている。

両方とも、学生達による、自由な言論の場として、全国の若者たちの注目を集めていた。
 「一畳糊塗BBS」ではカナリ民主的な、政治色の強い議論も交わされていた。アクセス数も全国最大だった。

ここで議論されることで、はじめて世間の注目を集めた事件もあった (リンク先は中国語

 遠華案 党幹部特大汚職事件

 孫志剛事件 夜歩きの学生が身分所不所持のため派出所に拘束され、その後警察に殴打され死亡。

 このような社会的意義の大きい掲示板が閉鎖された。
 
ところで、北京大のBBSが閉鎖されたとき、ライバル意識の強い清華大のBBSは、言論で援護せずに、見てみぬフリをした。いま、ネット上ではこれを悔やむ文書が見られるわけ。


 要するに、こんなところだろう。

『ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られたが、
自分は共産主義者でなかったので、何の行動も起こさなかった
その次 ナチスは社会主義者を弾圧した 私はさらに不安を感じたが
自分は社会主義者ではないので、何の抗議もしなかった
それからナチスは 学生 新聞 ユダヤ人と 次々に弾圧の輪を広げていきその度に私の不安は増したが それでも私は行動しなかった
ある日 ついにナチスは教会を弾圧してきた そして私は牧師だった
だから行動に立ち上がったが その時はすべてがあまりにも遅かった』

マルチン・ニーメラの牧師

 教訓:友達が不当な扱いを受けたのなら、ほくそえむのではなく、かならず身を挺してともに戦おう。さもなければ、次は自分の番だ。

 民主主義が脅かされたとき、今日この文書を読んだやつはおれといっしょに戦おう。笑

 P.S.学生達はなかなか賢い。毛沢東の言葉を引用して、当局と戦っている。

 行政の命令によって、人民が迷信することや、間違った思想に接することを禁ずるのは、問題の解決にならない。
 
   毛沢東 1957年3月講話

確かに短期的に見て、規制はソフトランディングの助けになるかもしれない。しかし長期に、均衡点としての自由は必ず達成されるのである。もし人々が自ら死を選ぶのでなければ。
   
   超旅行人 2005年6月垂れ
  1. 2005/06/25(土) 02:48:59|
  2. 日中関係
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。