超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2004年09月

2004年09月
2004年09月12日 PM 9時32分16秒(Sunday)
今日から日記を書く、、、だから。
 今週の後半は地獄のような忙しさだった。実家に帰り、スタジオに行き、バイトに行き、鍋企画の準備連絡をして、ノービスの試合を見に行き、そしてその間常に翻訳原稿の〆切が脳裏から離れないという感じだった。TOEICの準備をする時間も、ダンスビデオを研究する時間もまったくない。一番大事なことがおろそかにされているとは実にいけないが、とにかく忙しいのはいいことであろう。合宿から帰ってきたばかりの数日のように、家にこもりネットと映画とゲームと本を、きちんとするわけでもなく漫然と、しかも昼夜逆転の生活の中で行うのよりはいい。
 ・昨日うちで鍋パーティ。銀杏会人8人ほど来る。いのっちと丸山さんの働きには特に感謝しなければならない。楽しかった。朝まで飲む
 ・今朝眠りから覚めたらすでに最後の戦友タナカもいなくなり、時計を見ると9時。急いで横浜まで出向き、JBDFノービス戦を見学する。約束の時間どおりに到着でき、またしてもパートナーに迷惑をかけることにならなくて内心ほっとする。
 観戦。この程度のおっさん連中なら蹴散らしてノンプロブレムのはずだが、自分たちの現状を鑑みるとそうともいえないのがなんとも歯がゆい。
 ・先に家に帰って翻訳原稿を仕上げる。送信し終わったとき、頭の中の何か壁が崩れ、一気に開放感と脱力感が押し寄せてくる。しばらくひたる。
 ・五時、駅まで行ってみほさんからデジカメを受け取る。ありがたい。
 ・お母さんがやって来る、カスピ海ヨーグルトやメロンなどたくさんのいらないもや、頼んどいたありがたいものとともに。そして着くや、手際よく家事をしはじめる。鍋パーティ後の地獄絵図画があっという間になくなり、床もぴかぴかに。へーと感心していたが、温かいご飯が出てきたときには、心の中で涙が出てきそうだった。おかん、ごめん。ご飯後、服にアイロンをかけてくれて、駐車料金が高いからと、おかんはそそくさと帰っていった。
 
 あすから、ダンスがんばろー。TOEICは今回はすてよう
 〆切ぎりぎりまで先延ばしにするのはやめよう
 早く寝て早く起きよう



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月13日 PM 11時19分04秒(Monday)
月曜日、昨日はよく寝た


今日いくたんと、ともたんと、はなたんがうちに遊びに来た。昨日お母さんが持ってきてくれたいらねーもののひとつ、メロンを役に立てようと思ったがついに忘れてたままだった。こんな糖分以外大して栄養を含まない果物をおれにどうしろって言うのか・・・
 
  見た映画、「スパニッシュ・アパートメント」 最高に面白かった。なにか凄いわけじゃないが、とにかくおもしろい映画だ。

  今日もスタジオ。いいかげん自分の傲慢さを消し去らないと本当にパートナーに申\し訳ない、そしてこんな関係のまま漫然と練習し試合で勝てかったら自分にも申\し訳ない。っていうかこんなところで書いているひまがあったらとっととなおせって。しかし本性というのは恐ろしいもので、そのしつこさは強迫的。なかなか変えられるものではない・・・

 ふぅー

 ひまな時ほど、時間が目の前を通り去るのをじっと見てはいけない。
 建設的に、生産的に過ごすべきだ。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月15日 AM 1時09分20秒(Wednesday)
(無題)


時間を無駄に過ごす。死



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月16日 AM 12時58分31秒(Thursday)
ふぅーーーーーー~

 Heaven helps those who help themselves. ここ数日情勢は八方塞だったが、今日はいっきに目の前が開けたという感じがした。例の翻訳が無事お客様に納品された!しかも納品ファイルを見てみるといくつかの術語を除き、私の訳がそのまま採用されている。次の仕事も来たー。嗚呼、胸をなでおろす×100.
 ダンスパートナーとの間に信頼が生まれたように思う。踊り自体はまだ最悪だが、なんとなく今が極小値ではないかという気がする。つまり、今から上昇する気がする。なんとなくだ。
 

   自助努力せよ。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月17日 AM 12時25分42秒(Friday)
都会は住んでみるもんだねー
 朝大事な電話をかけるのを危うく忘れそうになったが、何とか思い出す。電話を切ってから急いで大塚のスタジオに、そのあと塾講にいく。木曜日教えているこの中一の子は素直だ。学校の宿題が多すぎて睡眠時間が足りないとこぼす。昨今の私立一貫校はまったくひどいことをしやがるなあ。
 携帯の伝言チェックするとずっと前に応募していた中国語家庭教師の件で、生徒から連絡が。
 面接に行って来る。モスバーガーで会うと、この方、見目うるわしく、そしてとてもおもしろい!自分の紹介や青臭い学習方法論を申\し上げてみたり、お仕事のおもしろい裏?話を拝聴したりする。普通にしていれば出会えない方だけに、時給はタダでもいいと思った。二時間近く歓談するも、結局考えますとのこと。おれの熱意、ちゃんと伝わったかな~
 いえ帰ってから、つい疲れた反動でThe Simpsonsを三本立て続けに見る。おもしろい。おもしろすぎる。

 あ、もうこんな時間。ジョギングしてこないと。最近明らかに食いすぎだな。

なんか混沌なほど、いろんな可能\\\性が目の前を飛び回っている気がするときがあるが、とにかくそれとどうするかは自分の魅力次第だと思うときがある。まじめに、まじめに。


--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月18日 AM 1時42分21秒(Saturday)
日付


パートナーが風邪で体調を崩しているということで、ダンススタジオはお休みに。
 学校に行ってきた。一応10号館で視聴覚資料を利用してTOEICの勉強を猛烈にするつもりだったが、昼食を取ってから急にものすごい眠気に襲われる。気がついたら四時。机に突っ伏して、腰が痛くなるほど、歯が浮くほど爆睡してしまったらしい。久しぶりにやってしまったなと苦笑いしながら、大地の子のビデオを借りてきてみる。二巻目、泣ける。

 いえ帰ってからずっとネットで調べ物。いろいろ読んである決心をした。してから少し道が開けるような感じがした。ジョギングに出る。

 そういえば昨日新しいクレジットカードが送られてきた。有効期限は3年に延び、上限額も二倍になっていた。去年割と使い込んだことと因果関係にあるかどうかは定かではないが、とにかく真新しいカードを手にするとちょっとうれしくなるのであった。

 いいげん一番重要なことを最後にではなく真っ先にやるように性格を直さないと・・・
 



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月18日 PM 11時31分06秒(Saturday)
If there’s a will, it will be.
 「為せば成る」というのがあるけど、

これはさしずめ英語では

If there’s a will, there’s a way.

に相当するだろう。

しかし、このままではあまり好かない。道がある、だけでは不足だという気がする。「意思あらば、即ち成る!」のである。「為す」という段階が抜けているではないかと思われるかもしれないがそんなことはどうでもいい。為したとて成らない時だってあるし、何もせずに利得だけがふってくる場合もある。
 とにかく重要なのは、意志が強ければ強いほど、成りやすいということだ。この相関性(或いは因果関係と言ってもいいだろう)は決していまてきとうに提唱しているのではなく、観察によって得られたものである。
 振り返ってみれば不思議でもある。これまで人生において、三ヶ月以上夢見て、計画し、かつそのために資源を投入したことは、すべて実現している。いやいやどれも大それたことではないが、当初の自分にとって、それらは多くの場合、経済的に無理があり、あるいは時空間的に無理があり、はたまた自身の能\力的に無理があることのオンパレードであったのだ。しかし一定期間心に思い描きつづけていれば、ついにそれは実現してしまうのである。不思議だ。
 逆に、この夢見る期間が短くなると、(たとえば一ヶ月とかになると)、とたんに実現率は五分五分くらいになってしまう。これは実におもしろい。平たく言えば、「たくさん努力すれば実現する」、あるいは「ずっと夢見ていれば手に入る」といった表\現に落ち着くのだが、そんな安直なニュアンスでは決して表\わしきれない何かが背後に存在する気がして成らない。なぜかって、これほど複雑で、偶然性に満ちた世界で、これだけ強い因果律(法則)が、運動方程式のごとく微動だ似せず成立するは、どれほどか不思議なことであろう!
 このすべての「実現」の根源にある偉大なるwillを 一般意志 と名づけたい。「一般」とつけたのは、これが広く一般的に作用するからだ。社会学用語の「一般意志」とは大きく意味を異にするもので(あの術語ほど字面と乖離したものもない、拙く訳されたのか)、どちらかというと術語でいう特殊意志である場合が多いだろう。ともかく、一般意志だ。もう書くことはない。

 さて、なんで今日こんなことを書いたかというと。前からほしかったものが届いたのだ。大きい買い物で、運送屋のおじさんがひとりしかいなかったためにおれがいっしょに部屋まで運ぶことになったのだが、途中で何度スーパーサイヤ人に変身しなければならなかったことか。まあ、ともあれ、これでもう一つ実現だ。
 んで、明日TOEICの試験があり、今週末にダンスの試合がある。片や極度の準備不足、片やそうともいえないのだから、どうなるのか少し楽しみでもある。
 また、観測データーがひとつ増える。




--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月20日 AM 3時24分42秒(Monday)
おくらおくらおくら

 オクラの料理法について二時間もネットで調べてしまった。いつもこう。なにか調べだすと関連事項までどんどん気になり、いつのまにか深入りして、時間を非効率利用してしまうのだ。しかしまあ、収穫もあった。結局オクラはただ自然解凍して(ここでは冷凍オクラが前提となっている!)、ポン酢をかけて食すのが一番だとわかった。ヌルヌルしゃきしゃき、そしてさっぱりさわやかな酸味。ご飯と合う。ところでご飯といえば、一杯200g(筆者の場合。普通の人は150g前後)で290kcalである。これは体重60kgの人なら5km走らなければ消費できない熱量だ。そしてスパゲッティ一人前は350kcal位だが、ご飯の栄養比率、タンパク質:脂肪:炭水化物が約1:1/5:10であるのに対し、スパゲッティは1:1/10:6とご飯によりやや優れている。(まあ優れると言うのもあくまでも筆者が是とする高蛋白低脂肪という観点から見ればの話だが。) とにかく、この重大な事実も今日の調査成果である。
 さて話を戻そう。オクラは英語でもOkraである。カロチンとカルシウムが豊富だ。で、英語といえば、今日TOEICを受験してきた。会場は学習院大学、目白。正門から入ればキャンパスのたたずまいがまあなんと素敵だこと!
清潔で、緑にあふれ、建物は古めかしい雰囲気を保ちながら新品のようだ。これに木漏れ日と、初秋の適度が気温までもが加わって、もうメロメロだった。肝心の試験のインプレッションはだるいのでまた後日書く。それにしてもどうして、概して私立大の方が国立大よりもキャンパスが綺麗なのか。学費が高いから?いや、学生が払う分なんて国から出る予\\\算に比べりゃビタ一文のようなもの。じゃ、運営の効率性か。うーん、なんとなく郵政民営化に賛成したくなる今日この頃だ。
 話を戻そう。オクラだ。そもそもなんでオクラの話をしたのかというと、試験帰りに「肉のはなまさ」という食材ディスカウントショップに立ち寄り、冷凍オクラがいつのまにか登場していることを発見したのだ。500グラムで198円なり。これはぜひ食のレパートリに加えなければと思って、購入。そして帰り道ずっといかに食してやろうかと頭を悩ませていた。
 東京周辺の人なら知ってると思うが、この「はなまさ」というのは卸売りを謳っていて、大容量パッケージ&廉価な食材を提供している。まあとうぜん中には卸売りにしちゃ普通と値段かわんねーじゃんというような商品もあるが、基本的には安い。筆者のように自分で自分の食べる分を料理しなければならない人間にとっては大助かりな存在だ。

 ねむい、もう寝る。





--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月21日 AM 2時18分38秒(Tuesday)
(無題)

パートナーが風邪でダウン。笑えねー


TOEICインプレッション だるいから簡潔に書く

 試験時間、前に聞いた三時間といううわさはうそ。45リスニング75分筆記で計二時間。
 リスニングはやさしいが、間隔なく運ぶため気を抜いた瞬間に二三問落としかねない。後半部に時たまに難しい&早いのが出て、今なんて言ったんだ?ってなる。しかしそういうときでも概して答えの選択肢は明確である。
 リーディング。語彙は極めてやさしい。しかし文法問題でわからないものもパラパラある。うわさでは時間が厳しく最後まで終わらないと聞いたが、30分の時点で問題数の半分を終わらせ、なんだ余裕ジャンと感じ始める。今振り返ればこのときから集中力が減じていた。最終セクション長文にきて、二三問やったところで気が付く。やばい、こいつは時間がかかる。ページを最後までめくってみて、これ絶対おわらなないじゃんと悟ったのは15分前。必死になる・・・・・・結局、終了の合図一分後に最後の問題を塗って終わらす。

 感想、英検よりはかなりX2語彙がやさしいのでやさしく感じる(センター試験並か?)が実はぽろぽろ点を落とす。正答率は8割5部前後だと踏むが下手したら8割切ってるかもしれない。当初の目標に届かない可能\\\性大。もっかい受けんのかよ・・・・・・萎え

 最近お母さんに連絡しなくて怒られる 汗。

ねむい。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月22日 AM 1時16分09秒(Wednesday)
(無題)


昨晩突然の来訪者あり。ちょっと中国語を教えてあげ、いっしょに映画無間道1をみて、おしゃべりしました。で、来訪者自体は12時前には帰ったのですが、そのあとに普通の手順に従っていたら、寝るのが4時過ぎになってしまいました。そんな感じで今日は13時まで寝てしまい、生活リズム狂いました。まあこれが初めてじゃないし、楽しかったのだからよしとするか。
 朝(昼)、電話のベルで目が覚める。かけ直して久しぶりにことばをかわす。心配されていたらしい。どうもこういうのってよくわからないのですが、久しく(といっても二三日)音信がないと心配してしまうもんなんですかね?・・・・・・お母さんも、心配性なんよな・・・・・まあ、結局それだけ大事に思われているってことでしょう。ありがたがらなきゃ.(^-^)o
 
 そうそう中国で権力交代がありましたね。中央軍事委員会主席が江沢民からコキントウに交代です。この中央軍事委員会主席ってのが軍の最高権力を握り、通常は党の総書記が兼任する。小平は名誉回復後、一介の平党員の身でありながら、この座は最後まで手放さなかった。そして意のまま共産党総書記をとっかえひっかえして、政局を操ってきた。いわば、真の(裏の)実力者が座る座であります。
 さて、三年前?の権力委譲のときも、江は党総書記をコに譲ったものの、この軍事委員会主席の座だけは渡さず、院政をしくのではないかと囁かれていた。しかし、今では内外の圧力に負け、とうとう引き渡さざるを得なくなったというのが、大方の論調である。以上の話には不正確な点があるかもしれません。ご注意を。
 で、わたしはほっとしています。無事に権力交代が済んでよかったなあ、と。まあコさんが軍にパイプがないからしばらくは実権握れないのではないかという説もありますが、毛沢東以来の「党指揮槍」(党が銃を指揮する)という強い理論が存在するし、予\算が握られている以上軍もだんだんコのいう事を聞くようになるでしょう。というのが僕の予\測です。
 
 あとは、コキントウがいかほどの人物か、それにかかるのみだな、中国の近未来は。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月23日 PM 10時33分28秒(Thursday)
(無題)
ついに日記を書く余裕がなくなった。翻訳の依頼も来たけど、断った。少し後悔だがまあ仕方ないでしょう、また夏休みにいながらにして地獄見たくないから・・・・・



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月28日 AM 1時24分47秒(Tuesday)
(無題)
 東京は陰気な雨が降っていたが、那覇も爽やかな夏晴れとはいかなかった。まるでぼくの過去と行く先を暗示しているかのようだ。 初めての乗るJALの機体ボーイング747。離陸の滑走は短く、機内の設備はしょぼく、着陸前はすごく揺れた。未曾\有の気持ち悪さになった。 空港で一足先に帰ってきた友達に会った。しばしのおしゃべり。とても楽しかった。 写真は那覇の国際通り。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月29日 PM 1時46分16秒(Wednesday)
(無題)
滝に飛び込んだ。やばい、楽しい。夜中三時までリズムゲームで盛り上がる。三時間後にゴルフして、11時にフェリー乗って孤島のビーチへ・・ 午後は史跡めぐりだ。やばい、疲れるかも



--------------------------------------------------------------------------------
2004年09月30日 AM 1時43分54秒(Thursday)
(無題)
今日は6時間くらい車に乗ってた。ほぼ沖縄島の北から南にー
首里城を見た。中国ぽかった
写真は二千円札に載ってる門とそれを撮る僕たち

ねみぃ~死
ドライバーの小野瀬さんおつかれ



--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2004/12/05(日) 22:23:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2004年10月

2004年10月
2004年10月2日 AM 10時10分21秒(Saturday)
(無題)


昨日抜歯してきた。麻酔をかけられて、楔のような物で「ちょっと動かしますからねー」と言いつつゴリゴリ口の中をつつかれる。そして、ギシシ。「あ、抜けましたよ」と歯医者の先生も意外のなほど簡単に抜けたらしい。ペンチを使って引っこ抜くまでもなかった。まったくもってあっけなかった。
 大臼歯がこんなに根性なしでいいのかとすこし疑念も浮かんだが、先生によるとこの分だと頬も腫れずに済むらしい。まあ早く終わったしよかったよかった。
 しかし麻酔が切れたのあとの痛みとむずむず不快感というのは、やはりハンパじゃない。まるで眠りから覚めて、だまし討ちに遭ったと気づいた歯が怒りに身を震わせているようだ。・・・・仲間をどこにやった、返せ!・・・・てな感じにね。今回はもらった鎮痛剤を早めに飲み込み、一時間で問題なくなった。
 しかし、今日は少し嚥下困難。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月4日 AM 11時09分49秒(Monday)
日曜日


雨のせいか一日憂鬱でだるく、テンションもあがらず。の癖に無理にいろんなことを言ったりしてはずす。もうさいあく。
 
 華氏911をみた。おもしろい映画だったと思う。しかし視点が一方的。まあここまで一方的だとかえって潔い気もする。いずれにしろ、ジョージ・W・ブッシュには再選してほしくないと思いました。おれって単純かな。アメリカでは近頃逆にブッシュ有利になっているようだが・・・

 こころに思ってないことは、言うもんじゃないね。しょせんうまくいえるはずなどないのだから



--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月5日 PM 10時50分35秒(Tuesday)
柔軟性ということ

 人にとってもっとも重要なのは、柔軟性だと思う。自分にないものを理解し、取り入れることができなくてはならないと思う。これができなくなると、その人はそこで停止し、もう成長することはない。これは生物学的に死を迎えた場合も同じである。
 本当に柔軟な人間は、どんな人とも楽しく付き合っていけるのである。他人の新しい考え方appreciateし、それを取り入れることが出来る。言いかえれば、みんあから好かれ、頼られるということになる。
 
しかしこれができるひとは本当に少ない。数人しか知らない。しかもその数人でさえ常にに柔軟だというわけではないのだ。
 己は、常に柔軟的な人間を見て、驚嘆し、羨望している。自らも柔軟たらんとしたが、それほど成功していない。まだまだ体は硬い。
 今日はいい事を書いた。

 連日の雨で気分は上がらない。本当に雨のせいか?己はこんなに繊細な人間じゃなかったはず・・・・苦笑

昨日、旧同窓会館2階のフランス料理店でディナーしてきた。味はよろしく、料理が出てくるのも早かった。
いかんせん量が多かった。量で攻めてきたって感じ?笑



--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月6日 PM 12時36分26秒(Wednesday)
武者を鑑賞
韓国映画「武者」をみた。 極限状況下の人間、あるいは人間性を描いたのだが、いかんせんごちゃごちゃしすぎていた気がする。納得しがたい点もある。 韓国映画はこの手のテーマのものが多いが、シルミドは筋道がはっきりしててよかった。素直に泣けた。 武者はすっきりしなかった。しかし総じていうと面白い映画ではあった。 今日は晴れ♪



--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月7日 PM 10時57分15秒(Thursday)
芯があるということ

 よく「芯が強い」という言い方をする。これはたいてい肯定的な意味で使われるが、じっさいにそうだと思う。
 芯が強い、言い換えればちゃんと個性、好き嫌いがあるということは、とても大事である。
 矜持をもちゃんと持つと言ってもいい。自分を尊敬できないひとを、誰が尊敬できようか、といえば安直な胡散臭さが漂うのだろうか。
 とにかく、迎合ばかりしてはいけない、ということだと思う。

 よく、八方に気を利かせようとし、話をあわせ、ひとの話したネタに大笑いし、話題から外れた人に話を振って輪に入れようとし、そして明るく振る舞い盛り上げようとすることがある(己だけか?笑)
 もちろんどれも大事だが、やりすぎるとつまらない。 流れてしまうし、それは他への迎合でもある。
 どんなネタにでも大爆笑するということはありえない。そんな追従野郎をだれが楽しめようというのか。

では、芯だけあればいいのか。
 そうではない。
 自分の信じる正しさを守るために、他人に迷惑かけるあほは、そもそもこの世に存在してはならない。自分と異質なものを理解しようとしない、理解できないあほもまた然り。
 
 重要なのは、先日書いた 柔軟性 を備えながらも、芯 をちゃんと持っているということだ。

これを、アルデンテ理論と名づける。

あー、今日は久々に絶望の深淵をのぞきこんだ気がする。てか、人生でこんなに無理を感じたのはじめてかもしれない。もう競技なんてやめてしまおうかな・・・
 といってみたりするテスト。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月15日 PM 3時35分59秒(Friday)
日記なんて本気で書いたら人に見せられないだろうが・・・・
自らの日常を語ることのかっこう悪さと、負の説得力に気づき、この日記を打ち切りにする。
そのかわり、これから随想を書く。





--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月16日 AM 12時44分08秒(Saturday)
Shit!


http://www.excite.co.jp/world/english/

ごらんのとおり翻訳ソ\フト。これに「shit」と入力して日本語訳させてみる。

翻訳結果は「糞」。うむなるほど無難な回答。何も間違ってない。

続いて「shit」に「!」をつけて「shit!」で入力。翻訳結果は「脱糞してください!」。

(;´Д`)・・・なるほど、「!」をつけると単語じゃなくて文章の命令形になるのか・・・?

いろいろ思うところもあるがまあそれは置いといて、まだネタがあるのだ。

続いて「shit!」の「!」をどんどん増やして入力。「shit!!」 → 「脱糞してください!!」

「shit!!!」 → 「脱糞してください!!!」

「shit!!!!」 → 「脱糞してください!!!!」

そして


「shit!!!!!」 → 「脱糞します!!!!!」





工エエェェ(´゜д゜`)

ェェエエ工(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)








--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月17日 PM 12時04分26秒(Sunday)
クスリ
運動しすぎたのか、準備運転が足りなかったのか首を痛めてしまった。
傾けると肩にかけて激痛が走るので、かなり姿勢良くずっと立っている。笑
圧迫しても痛くないので、深層の筋肉らしい。
そこで自分に抗生物質を投薬してみた。 まえに歯医者からもらったフロモックス100ミリグラム、それと鎮痛剤一錠。 あっという間に痛みが和らいだ。効きすぎて科学の力に感動
なわけない、この効き方絶対やばいよ、絶対体に悪い気がする。
 そもそも薬なんて全部毒だろう。 てか痛み止めはともかく抗生物質飲むなよおれ、関係ないじゃん! バカだなあ



--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月20日 PM 4時59分06秒(Wednesday)
値段設定ね
 セブン-イレブンの二百円の肉まんを買って食べてみた。 この二百円という値段設定には買わずにゃいられないものがあると思う。明らかに高いのだが、いったいなにが入ってるんだろうと、期待に胸が膨らんで仕方がない。 結果は、予\想に漏れずごく普通の味だったので、二度と買うことはないのだが、こうして己みたいなやつが売り上げに貢献するんだろうなて思うともの言いたくもなる。 昔から値段設定には興味があって、いろんな製品の値付けを勝手に吟味する。この肉まんの場合、二百円という値段は明らかに戦略的で、商品情報の不完全性をうまく利用している。つまり値段設定で客の妄想を引き出させているのだ。 いつぞや、金持ち専用旅行会社を起こして大成功した人の話をテレビでやってて、その手法というのも、とにかく値段を法外に高く設定し、あとは高級そうなイメージ以外情報を提供しないというものだった。その結果、大成功。 全くうまいなあ~



--------------------------------------------------------------------------------
2004年10月21日 PM 12時33分44秒(Thursday)
ゲーム

ゲームボーイアドバンスSPを買った。
  でへでへ でへでへへへへへ

しかもファミコン色の限定のやつ。中古で8千円なり。

起動すると、ロゴのうごきっぷりにさっそく感動。
あの頃からずいぶんと進歩したな。
これでゼルダの伝説をやるのが待ちきれないぜ。

 昔から思うのだが、任天堂のハードには夢がある。
 ソ\ニーのハードは野望がある。
 それは今度発売される携帯ゲーム機ニンテンドウDSとPSPocketを見ても明らかだ。

 話題を戻すと、とにかくわくわくしている。
 またゲームのある生活に戻ることができるからだ。
 
 しあわせとはなんだろうか。

 生活の中のささいなゆとり、非生産的なものこそしあわせだと、思う。

そんなことに気が付いた、青年の僕でした。



--------------------------------------------------------------------------------
  1. 2004/12/05(日) 22:22:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2004年11月

2004年11月
2004年11月1日 PM 5時41分30秒(Monday)
TOEICとか
最近いろんなことを考える。

親たる人の気持ちとか。

一人の人間ができる、そしてすべき社会貢献(価値の創出)とか。

あ、価と創の文字からおもわず連想が・・・
まあいいや。

ところで、TOEICの点数が帰ってきた。自分で設定した目標ラインがあって、これが○百点であるのだが、もしこれを切ったら頭に銃弾でも打ち込もうかっていう感じだったが、帰ってきて封を開けてみると、ぴったりその○百点であった・・・ 泣くに泣けず、笑うに笑えず、苦笑するしかなかった

同封の年齢、職業別平均点の統計表\をみてみると、大変興味深い。

男性より女性の方が優秀で、社会人や大学生よりも中学生ができが良い。

なるほど、考えればなるほどそれもそうである。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年11月3日 PM 4時19分01秒(Wednesday)
大家が勝手
大家が勝手にうちのベランダの防水工事をしている。
朝九時にたたき起こされ、工事業者といっしょに踏み込んできて、見積もりやらをする。これが二回あった。
90歳のばあさんが頭を下げて、お願いしますと連発するのだから、いやだとも言えない。しかし、不在中に入られて、ベランダに干してある洗濯物が勝手に取り込まれていたときはさすがにキレそうになった。 ベランダで稼働していた洗濯機も、台所に移された。じゃまで仕方ないし、洗濯もできない。それだけじゃない、工事後床も小さな泥汚れだらけだし、キズも点々だ。 10月27、28だけのはず工事が、いまだに終わらない。 どうしようかな。。。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年11月6日 AM 10時04分52秒(Saturday)
金木犀
 時季はずれな話だが、キンモクセイという花がある。春先に天気のいい日を外で歩いていると、どこからもなく漂って来るあの心地よい芳香の花だ。
 激動の時代に、日本青年外交官と東独女性の恋を描いた小説「プラハの春」の中でも、金木犀ヒロインであるカテリーナ・グレーベが使用する香水のにおいとして描かれている。なるほど絶世の美女で金木犀のにおいがするのだから、良介が心酔のも当然である。いい女とはいいにおいがするものだろう。
  本題に戻すと、この金木犀の香りだが、日本では大変不当な扱いを受け、トイレのにおいとして定着している。 調べてみると、なんでもあまりにもいい香りなもんだから、各化学メーカーが昔いっせいにトイレ用芳香剤に採用したそうだ。そのおかげで金木犀=トイレという図式が成立した。そういわれてみると、たしかに昔のトイレは妙にいい匂いがしたもんだ。
  その後ご存じのように金木犀の芳香剤はめっきり姿を消し、いまではラベンダー、レモン、そしてアロマ系や消臭無香系にとってかわられている。

 むかし、お母さんの香水のせいで、娘が学校て「トイレ!トイレ!」と言われていじめられることがあったという。
まったく笑うしかない変な話だ



--------------------------------------------------------------------------------
2004年11月12日 PM 6時49分17秒(Friday)
(無題)
翻訳地獄を授業全切り&家に引きこもり10時間で乗り切る

( ̄〇 ̄;)

(-д-;ふう

そしていまからクラスコンパのため学校に向かう



--------------------------------------------------------------------------------
2004年11月17日 PM 10時02分04秒(Wednesday)
大家が勝手に・・・PART2

家に帰ったらドアに張り紙がしてあって、読んでみるとへたくそな日本語でだいたいこんなことが書いてあった。

出かけている間に水道補修工事した。そのため今日はお湯が出ません。明日にもう一度工事します。

署名は大家 田中 となっていた。この時点ですでに相当怒りがこみ上げてきたが、家に入ってみるとさらに愕然。

台所の床はむざんに切り開かれ、そして部屋中にうっすらと木屑のチリが積もっている・・・・

すぐさま以前の張り紙を棚からとりだして、大家の電話番号を押す。

がつんと言ってやるつもりだった。まったくふざけてんじゃないよ!いくら大家とはいえ、住人の許可なしに

勝手に部屋に侵入して、しかも工事まで行った挙句生活に支障をきたすとは、違法だろ?!!そのうえ汚すな、はげ!

前回は一週間くらい洗濯できなかったけど、今回はシャワーができないだとぉ?銭湯にでもいけというのか?

大家が電話にでた1分後、すでに己の怒りは収まっていた。

半分ぼけたこのばあさん(これは入居時の仲介不動産屋の言葉である、当時俺は俺は信じていなかった)は、主述不一致な日本語をあやつりながら、自分のへやの水漏れがいかにひどいかをとくとくと語るのであった。それを聞いてしまうと気の毒にならずにはいられなかった。結局ろくに文句もいえず、それどころか「それは大変ですね~」と相槌を打つこと10数分・・・・・

 あまいんだよおれは!昔からこう・・・
あーーーー、もういいやー 銭湯いってこよう




--------------------------------------------------------------------------------
2004年11月21日 PM 1時19分36秒(Sunday)
昇級
社交ダンスの試合に出た。

意外なことに決勝までいき、昇級した。

前日にパートナーと喧嘩して、やっぱ明日は出たくないと言われ、明日の試合終わったらカップル解消しようとも言われた。当日の朝、受付の列に並んでいるときにやっぱりわたし帰ると言われ(これはおれが7分遅刻したからだが)、本当にどうなることかと思った。死ぬかとも思った。

でもなんとかなっちゃったもんだなあ。長くやってきただけのことはあって。

以下は母上のメールより引用

>良かった!
>What you pay, What you gain! Most cases like that.

ポイントはMost casesってところだが、まったくその通りの言葉だと思う。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年11月30日 PM 11時43分19秒(Tuesday)
自分自身を管理するということ

 巷ではドラクエ8で大賑わいだけど、対抗意識を燃やして最近ドラクエ5(同じくPS2版)をやりはじめた。
 
 そして昨日は、エースコンバットを二時間プレイしたあとに、ファイアーエンブレムを7時間プレイした。
終わったのは朝8時だった。頭が重く、力が抜け、全身が微振動するため、それからもなかなか眠れない。

 惰性ということばがあるが、無理してとめる必要もないというのが僕のポリシーだ。元来より僕は食べたいときに食べたいだけ食べ、ゲームしたい限りゲームを続ける。寝る前だろうと夜中だろうと次の日にレポートの提出があろうと、気が済むまでやって、そこから切り替えるという方針だ。

それは我慢できないということまあるし、我慢するストレスをためる位なら、気が済むまでやってそれから切り替えたほうが効率がいいという我流の理論的根拠もある。

 しかし昨日はさすがに参った。このままだとゲーム廃人になる、、、、と危惧しているわけではない。いつか気が済んでやめるののは分かっているのだから、別に危惧したりはしない。統計の勉強も、英語の勉強も、ダンスの勉強も、筋トレもおろそかになったが、危機意識をもっているわけではない。ただ「まいったなーー」と感じているだけである。

 ということはまだ気が済んでいないのか。

年をとるにつれ、規律を守れなくなった気がする・・・
思い出せば中高のごろはもっと生活にいろんな制限があった。
いまじゃ徹夜でゲームして次の日講義をサボったって、だれにも文句は言われない。

 だからこそ、「自律」が必要なのかもしれない。僕は惰性人間である一方、一分一秒をも無駄にしない完全合理・自律型人間にあこがれつづけている。いや、正確にいうとなろうと試みたことは何度もある。むしろこれまでの人生がその試みと挫折の連続かもしれない。

周期・波かもしれない。
なぜなら今ぼくに、「自律的」な生きようという意欲が、とめどなく涌いているのである。



--------------------------------------------------------------------------------
  1. 2004/12/05(日) 22:21:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2004年12月

2004年12月
2004年12月3日 AM 1時27分49秒(Friday)
人の話を聞いて見えるもの


人の話は鏡のようなものだと思う。

人とはなすことによって、はじめて見える自分の状態や考えがある。

抽象的でいかにもソ\レっぽいことを振りかざすのは大嫌いだが、以上に書いた文は、文字通り、そのとおりの意味である。

友人のY君は「生きている意味がないよ」みたいな愚痴をこぼしていた。彼の境遇ははたから見たらまったくそんなことはない。

友人のN君は、久しぶりに話してみると、性格がよくなってしまっていた。

これはかなりうざい。
彼の癖のある性格はどうも好きにはなれなかったが、性格よくすることはないだろ。


そういうときに、自分自身はどうなのか、どう変わっているのか、はたまたどうしたいのか、を考えると、なるほどと見えてくるものも多い。

やはり抽象的になってしまった。







--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月5日 PM 12時28分32秒(Sunday)
(無題)
そろそろ本当に自宅勉強を開始しないと、留年の足音が聞こえてくるのですが・・・



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月5日 PM 12時43分59秒(Sunday)
仲間といっしょに笑いすぎる
どこから話そうかな。

一昨日クラスのやつらと秩父の夜祭りに行ってきた。

秩父、だぜ。

行ってみると、人出の多さと、果てしなく続く屋台がはんぱじゃない。日本三大夜祭りのひとつだというのも、なるほど頷ける。
で、なにを思ったのかていうと、やっぱクラスのやつらのレベルが高け~わてこと(笑いのセンスにおいて)。 このおれが、ついていくのが大変だった。

でもおかげで一晩中笑い明かすことになって、顔中の筋肉が痛い。

久しぶりにとても愉快だった。

 付け加えると、招待してくれたE嬢の実家がすこぶる豪勢で、至れり尽くせりのもてなしをしてくれたのもすばらしかった。


 基本的にいろんな集団はいろんな雰囲気を持っていると思う。集団が違えば「笑い」に対するセンスィティビティも、レベル要求も違う。

 しかし、重要なのは、自分のいうことがウケないのを、周りのせいにしてはいけないということだ。

自分のギャグが受けずに、「こいつら分かってね~よ」と不平に思うのは、確かにそうなのかもしれないが、裏を返せば、自分が場違いなことを言っているだけである。
なぜなら、常に人を楽しませる、普遍的に楽しいな人も、確かにいるのだから



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月7日 PM 11時22分00秒(Tuesday)
ファイアーエンブレム


今日ついにGBA版「ファイアーエンブレム 烈火の剣」をプレイするのをやめた。

直接的な原因は、「萎えた」のひとこと。

間接的な原因は難しすぎて、もうこれ以上進めないからだ。

ここ一週間平均して毎日2時間、最長で連続7時間もプレイするほどのはまりっぷりだったが、ここに来てやめることにした。

どこまで進んだかって?キャラが死ぬたびに、今のステージにリトライしているので、ストーリの進み具合など忘れてしまった。

たしか黒い刃のリーダーの二人の息子のうち、兄を殺された弟がボスのステージだ。弟は暗黒剣使い。

十\数回目にして、やっと死者を出さずにステージを攻略できたのだが(あたま悪い?)、ボスが強すぎて倒せない。

ステータス設定がおかしい、精鋭を束にしてあたらせても、どう攻撃してもほぼ無傷。

しかも王座でターンごとに回復しやがる。

結論、物理的に不可なり。




このゲームは極めておもしろかった。それだけに残念。

1.敵がかならず見方の最弱キャラをねらい撃ちしてくる。よってちょっとでも前線に出すと敵ターンで集中砲火を浴び即死亡→萎え

2.ボスのステータス設定がおかしい。強すぎて精鋭キャラが一撃で殺される。→萎え

ニンテンドウさん、見てますか。

そのうち「ファイアエンブレム 聖魔の光石」をやる自分が怖い。





--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月8日 AM 12時13分33秒(Wednesday)
知り合いの日記サイトというものは
今日、とある後輩の日記サイトをたまたま見つけた。

読んでみてすこし衝撃だった。

知人の日記を読むと、どうしてこうも感銘を受けるのだろうか。

いや、ただその人の知らなかった部分を知って、楽しんでいるだけなのかもしれない。

しかしそれだけではないはず。それだけであってはほしくない。

自分の場合、友人の日記を読んで、啓蒙されることがある。

もっといえば、鼓舞されるのだ。

がんばっている彼を見て、我もあしたからがんばろう、真剣に生きようという気になるのだ。

それが長く続かないことも多いが、多少とも効果があることはいいことだ。

今回もそういうふうに思わされた。

 
「今日は、残りの人生の最初の日」
                    とある素敵な女性の先輩の言葉より

                         


--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月8日 PM 9時37分36秒(Wednesday)
はったりな性格

初対面の人と話すのが苦手になった。

正確に言うと、知らない人に話し掛けるのが苦手になった,というべきだろうか

むかしなら、街中で困ったとき自分は躊躇なく知らない人に話しかけて、便宜を求めたりすることができた。

その図太さは友人から驚かれるほどだった。

しかし今ではそれができない。



経済の授業は300人ほどが同じ教室で受けていて、そのなかに、中国人留学生が数人いる。

進学振り分けで俄然孤独になってしまったおれとしては、なんとしても彼らに話し掛けて友達になりたい。

ひとつには、未だに中国人留学生の友達がいないから。

もうひとつに、彼らは真面目で毎回出席しているため試験前には助けてくれるかもしれない、という汚い打算もある。



自慢だが、むかしのおれなら見ず知らずの人に話し掛けて、さらに同性なら3分で打ち解けることができる。

しかも、たいてい相手から高く評価された状態で、である。

しかし、その後友人付き合いが始まった途端に、評価はどんどん下がっていく。

この時点ですでに、人間としていかがなものかという悩みもあるが、

母親の言葉を借りれば、「あんたも親父と同じではったりな性格ね」

ということらしい。

たしかに親父は人間関係においてはったりな人だ。

とにかく、おれはこの「はったり」という評価を気に入ってなかった。

しかしいま考えると、すくなくとも「出だしは順調」、という見方もできる。

それが悲しいことに、もはや今ではそのはったりさえも効かなくなっていた。

知らない人に話し掛けるのが恥ずかしい、勇気がもてない。

これは生命力の減退かもしれない。大学に入った当初の自分はとにかくがむしゃらだった。

いまは恥じ、遠慮、控え、リスク計算を知ってしまった。

年をとったのだろうか。

断じて否定していきたい。

そして、もし話し掛けたとて、会話をうまくもたせることができないのだ。

会話能\力の降下というよりも、これも最近の自堕落生活で心身とも活力を失っているからだろう。



今日の文章は読み返すと、個人的なことについて冗長的に書いてある。

失礼しました。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月12日 PM 10時49分07秒(Sunday)
ダーク
憂鬱だ。理想と現実はかくも乖離するものか。


ここ最近へこんでダークなことばっかり書いているけど、それは自信が持てなくなったからだと思う。

サークルの部長決めが、なんか妙な学級委員の譲り合いみたいになってたのを、「ちゃんと投票した方がよくね?」と喝を入れてみた。

賛同はまったく得られなかったが、結局意見を押し通してしまった。

だって、実際そう思うんだもん。
中途半端な形で決まった人が、どうしてその後ずっとそのサークルに対して最大限に責任を持ちつづけ、献身できるというのだろうか。信なくして責任も権力も生まれない。あるのは宙ぶらりんだけである。そして実際それをはっきりさせるのが投票だと思う。

しかし今思うと、周りから浮くほど、意見することもなかったと思う。



帰りにサヤと花束を予\\\約しに行った。なにもなかったのに、妙に会話のそりが合わなくなって気まずくなってしまった。
おれがへこみと苛立ちをひた隠そうとしていたからにちがいない。
ごめん。

どうして自信が持てないか?

自分にとって限りなく重要な人から、見放されたと思ったから。
もはや、なにも肯定するファクターは残されていない。もはや、なにも進まない。

そして、行く先に栄光など存在しない。

すべては自ら招いた果実。すべては己の為した業。

そう思って絶望の淵から奈落の底へダイブするときに、家を尋ねてきた母と話せて、ほっとした。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月16日 PM 7時37分53秒(Thursday)
(無題)
スタン・スミスっていうアディダスの靴あるじゃん

あれ、人名だって知ってた?デザイナーとかじゃなくて、アメリカのテニスプレイヤーで、72年にウィンブルドン、全米優勝の人。 彼が履いてたシューズがスタン・スミスになったそうな

へー



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月19日 AM 10時20分43秒(Sunday)
クリパ


駅前にとめていたチャリがなくなっていた。
パクッたのは、政府か、シーフか。

チャリがないので、クリパには歩いていくことにした。そう、昨日はぼくが所属するサークルのクリパだったのだ。

朝8時、茗荷谷まで歩くこと40分、寒かった。

夜はタクシーを拾って帰った。初乗り料金で帰れると思ったけど、千円以上かかってしまった。

チェ

コンパでは我ながらはったりな会話をしゃべってしまった。いいさ、どうせ俺はそんな人間だよ。

M嬢との仲直り果せず。それどころか、会話がわけわからんスタイルになってしまった。中村さんによれば昼ドラみたいらしい。

まったく、あいつもわけがわからんな。ふざけたやつだ。

いのとすこし仲良くなった。こやつはなかなかかわいい。

新執行陣が決まり、指導を含めるとかなりの人数が役職についた。これでより多くの人がより本気でこのサークルに投入していくのだろう。

いいことだ。

俺自身に関しては、これからが本物の、掛け値なしの勝負だと思っている。

今日は何ヶ月ぶりに、日の出くらいに起床し、気分も新たかである。





--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月20日 PM 10時55分00秒(Monday)
(無題)


すごく久しぶりにテレビを見た。

時の流れとは早いものだ

小さいごろは木金土日まいにち洋画劇場があったり、Kinki
Kidsがデビューしてたりし、おじいさんが毎週さよならを三回言ってたりした。

いまじゃいつのまにか「セレブ」、「マニフェスト」といった言葉が普通に使われてる。

どっちもなくてもいいことばだと思うのは俺だけだろうか。

これら以外にもきっと新しくできた言葉はたくさんあるだろう。

時の流れは速いものだ・・・



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月23日 AM 3時07分28秒(Thursday)
語学資格なんぞ・・・

ふと思うのだが、世の中に数ある語学資格は、みなインチキではないか。

こんなインチキ資格どもでは本当の語学力なんて測れない。


英検一級TOEIC900点といえば、それはそれは富士山のてっぺんくらいレベルが高いように聞こえるかもしれないけど、実際はどうか。CNNニュースでさえ半分しか分からない。

くそ集中して聞いて、である。

これが中国語のニュース番組ならば、台所で皿洗いをしながらでも分かる。

しょせん資格で測れるのは富士山3合目までだと思う。

そう思うと急に腹が立ってきた。



ついでに腹も減ってきた。



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月23日 AM 3時11分45秒(Thursday)
(無題)

今日はうまく踊れた。

パートナーが協力的だったからというのもある。

毎回こんな風に練習できると、楽しいな。

いつも思っているのだが、ダンスの先生には本当に感謝している。

これからも本当にいい関係を保つために、自分はなんでもすると思う。


--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月24日 AM 3時24分55秒(Friday)
こころ・空虚なり

今日も飲み会 

正確にいうとクラスのクリスマスパーティ@渋谷のちょっとしゃれたイタリアン。

装いもセミ・フォーマルである。

そして今日もはったりな会話を話す自分

べつにたいしたことじゃない。

うまく立ち回り、他人の話に笑い、己もできるだけうまいことを言う

なにも不自然じゃないはずだ、それどころか最近はなるべく本心から離れすぎたことは言わないようにしている。

そんな類のこと、言ってみたところでしょせんうまくいえるはずがないのである。

しょせんI’m not a great pretender.

今日のパーティはよかったと評すべきだろうか。たくさんの人と話して、たくさん笑い、たくさん笑わせた。

でも、なにかが違う気がする。よかったとは片付けられない。

全体を通してなにかがにせものなんだという気がする。思い出すときに感じるこの虚しさはなんだ?

こんなことを書いてるおれは、ナイーブに見えるかもしれない。

だが断じてそんなことはない。おれはナイーブから一番遠い人間だ。

やはり何かが本当じゃないんだ。

こんなとき、あいつが言った「本当の自分を分かって欲しい」ということばが、よく理解できる気がする。

けど、おめー、そんなことが、本当に実現できるのか。

人と人はしょせん二つの別の生き物。共感などしあっていない。

うまく、円滑に関係を保つには、心にあることをすべて言ってしまってはいけないのである。

この時点ですでに偽善ではないか。困る!

そして、たとえがんばって真摯に、心にないことは言わないというルールを守り通せたとしても

依然として上の偽善と対峙しなければならない。むなしさはそこから生まれる。

結局、幸せになれるのは、タチのいい感性をもって生まれた人だけ。

全部ぶちまけてもなんら問題ないような善良なこころの持ち主は、偽善に苦しむ必要はない。

それ以外おれらは、対峙するしかない。

うまく立ち回るしかない。・・・の・・か?




--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月25日 PM 9時22分05秒(Saturday)
everytthing sucks

everything SUCKS!
over,



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月26日 AM 1時12分00秒(Sunday)
So this is Christmas

??????? My third Christmas Party was even lousier than the former two, except this time I got 10 thousand Yen for dancing with old ladies for two hours and standing yelling cheering in a queit loud voice for 4 hours. which I really didn稚 feel like to do.???? ?????

Anyway, the last Christmas Party this year is over and since all of the three parties I had was bad, the Christmas itself also became the DUMBEST one I致e??ever had. ? ????

? Hallelujah, Thank God.........I don稚 think you exist but if you did, go to hell ASAP, please.....?

May be I should go to hell.....?


Ha ha ha.... these are not true.?

To the one whom it?may concern:???
You konw why I致e got to enjoy such a despicable? Christmas and for God痴 sake, I was blaming you......??? But now, want you to know this, only this.
?
um...h,,, I really don稚 know how to say, but first, I guess Iloveyou,
and second, thanks for the little chat at IWGP on the Christ痴 birthday.??
?
cheers, adjourned, bygones....



--------------------------------------------------------------------------------
2004年12月27日 PM 4時46分11秒(Monday)
(無題)


昨日はうちで忘年会=鍋飲み

なべうまかった。豆乳鍋!酒が少なかった。

けどうれしかった。

うれしいのは楽しかったからだし、なによりもみんなが来てくれて楽しんでくれたことが喜び。なにしろまた錚々たるたる面子がうちに集まったのだ。みんなありがとう

鍋の準備してくれた女性陣にも感謝。まあ、最後の鍋洗いは僕がするんだけどね

また新年に

いまからあスらしバイトの初日、いってきます



--------------------------------------------------------------------------------
  1. 2004/12/05(日) 22:20:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。