超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近鑑賞録 映画など

水曜夜11時過ぎから日本テレビで放映されているアニメ NANA はマジでお勧めです!この微妙で複雑な気持ちの描写、まさに現代!この幻想的だが現実的なストーリ、まさに人生!
 はじめは軽く馬鹿にしてたけど、いまじゃ毎週一番楽しみにしてる番組です。

最近というよりちょっと前に見た映画

パイレーツオブカリビアン2 デッドマンのなんとか

星三つ
劇場でみた。立ち見がでるほどだったので次の回にまわした。途中まで笑える箇所がたくさんあった。無人島で祭り上げられ脱出するところとか面白い。が、全体的にストーリを振り返れば、へって感じ。がんばって上手くピースを組み合わせはしたが、物語としての重みはすこしもない。最後に出てきたあれは前作の船長か?思えば前作もそれほど好きではなったな。今作はもう最後のあからさまな次回作へのつなぎ方に怒ったので次は見ません。よほどの人に誘われない限り 笑


日本沈没

星二つ OR 星四つ
一人で劇場に見に行った。人生初の快挙である。それほど僕はこの映画に期待していた、この映画のテーマが好きだった。ところが始まって20分、もう見てランなくなった。死にたい。
 最初のシーン、なにこの誇張された瓦礫と火災は?阪神・淡路の記録ビデオもあるのにもうちょっとリアルに撮れないか!?安っぽいハリウッド映画みたいな色合い。そして台詞にいらだつ。草薙の台詞、ヒロインの??台詞。聞いてるだけで余計な鳥肌が立つ。あほか。
 途中に総理が「各界の識者に日本人のこれからの生き方を聞いたら、『何もしない』という答えが多かった」とか言ってたシーンあたりから良くなった。これだ、求めたのはこういう構図だ。ぼくはカサブランカとか、こういう極限状況のテーマがとことん好き。日本を脱出できる人、できない人。アメリカに運ばれる国宝。ゴーストタウン化する都市。いったいどれほどの富が失われるのだろうか、日本が沈没することで。後半はなかなか良い。良く想像を刺激する。エキサイティングだ。
 最後のエンディングも程よく辛口ですばらしい。むしろちょっと感動アルマゲドン。左右に座っていた20代中太り女性は完全に泣いてましたが。
 
 「災害に強い国家」とどっかの日本人が、インドネシアの津波後に発言していたが、国家とは本来災害に強いもの。人間は自然に対処するために団結したといっても過言ではない。しかしそれでも、数十年に一回あるいは数百年に一回しか起こらないようなイベントには対応できないだろうな。そして無論、無限の時間の流れの中でそもそも一回しか起こらないようなイベントには対応できない。だからこそ、日本が沈没するときどうもできないし、マンガ沈黙の艦隊のなかで、潜水艦国家やまとに保険もかけられなかったのだろう。そういえば、かわぐちかいじも「日本沈没」というテーマの漫画を描いてたなあ。
 「日本沈没」という設定・テーマが好きな人にとっては星4つ、そうでない人にはただの未熟な映画にしか見えないだろう→星二つです。
 






グランドホテル

星三つ
かなり前にDVDで見た。普段は貧しく、余命いくばくかもない男のことば使いがかなり気に入った。それ以外は・・・期待してたほどというか評判ほどは面白くないな・・・まったく。






ハウルの動く城
DVDで見た。これはひどい。星二つだ。
戦争をなめてるというか、完全に符号化している。戦争なんて「じゃやめるか」といってやめられるものか?そんなチープなハッピーエンディングに萎え萎えです。映像とか、どこでも玄関のコンセプトは悪くないんだけどなー。ナウシカとラピュタに比べるべくもない。






A Man For All Seasons
星四つ

再婚男ヘンリー8世の大法官トーマス・モアを描いた作品。なかなか映画らしい映画だ。ストーリもまあ、しっかりしている。邦題もよく訳されている感じが。
 トーマスさんはa man of beliefの代表のような人でしたが、あれは信念が悪い方に転んじゃったケースといえましょう。彼が後世に大きな影響を与えたのは、首長法に抗って斬首されたことよりも、むしろそれ以前の作品「ユートピア」がマルクスに繋がったことなんだよね~。残念。映画自体は近世イギリスの貧乏さもシビアに描いていて、歴機考証◎のきがする。星四つ!!



最後にゲームの感想を



三国志X
お気に入り度 7
 PCゲーム。このシリーズをプレイするのは三国志VII以来だ。 
 結論から言えば、これはマゾ向きのゲームだ。まじ面倒くさい。複雑すぎ。グラフィック、マップがすごくリアルになって、一年が365ターンになって、フィールド上自由移動になって、可能性が無限大だが、まじ作業がめんどい。てか内政は継続的に自動更新でやらせることはできんのか!?毎回賢いやつから技術・商業、強いやつを治安、のこりのかすどもを城壁の修理に当たらせるのは正直面倒くさいです。ラップトップでパット操作していると手が痛い。
 車の免許合宿中に夜な夜なやってたが、曹操君主なのに中盤から敵が強い(てかしつこくて)かなわんくてやめた。そもそも統治都市増やしてもすこしも有利にならないじゃないか!というかどんどん前線が広がり脆弱になる。太守はだれを任命してもアホばっかだ。
 一騎打ちはなかなか良い。そして弁論もかなりいい。でも三国志であえて文官を自キャラに使う人なんているか?笑




三国無双4
お気に入り度7
PS2版ゲーム。なぜかおれはつねに同エンパイアーズの方がすき。たぶん100時間くらいかけないと全キャラそろわないだろう。そんじょそこらのRPGより時間をつかわすとはどういうつもりだ光栄。遊び応えがありゃいいってもんじゃないだろう。ちょっとは3に比べて進化したがそんなにたいしてかわらん。





三国無双4エンパイアーズの改善点、良くない点
お気に入り度9
 PS2ゲーム。このゲームは好きだ。そしてこのゲームにはいろいろと言いたい事がある。なぜならこのゲームはあと一歩で完璧になるから。近い。
 この文句は素直にKOEIの開発者に届いてほしい。次回作の参考にしてほしい。

・まず地図に都市の名前を標示させろ。どれがどれだかわからん。それからできればCGはやめれ。もっと昔っぽい地図にしろ。
・つぎに政策の選択肢が大いに増え、PC版の三国志のシミュレーションに近づいたことを褒めてつかわそう。すなおに喜んでいる。
・メニューの階層がおかしいのか、操作が面倒だ。もっと練ってください。というかエンパイアーズをシリーズの主力に据えてください。その方が売れるはずですてか買う。
・んーーー、あとなんだー。捕縛・再出撃システムが改善されたのはかなりいいなー。
・武器のレベルアップが形骸化してるぞ。だれも武器に手間かけないだろこれじゃ。あと武器の名前は3の方がカッコウ良かったな。
・てかセーブデータの仕組みを全般的に改善してください。累積プレイによるアドバンテージがないじゃないかほとんど。それにわかりづらい。バグ技もあるそうじゃないか。
・こんくらいかな・・・・本当、もうちょい三国志的にすれば完璧だな。

スポンサーサイト
  1. 2006/08/31(木) 03:21:35|
  2. 見た本、映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I deserve better.

I deserve better.
Honestly, I think I deserve better thant this.
Oh yeah? but what am I gonna do. This is my life.

So try to make life more dramatic.
Make it miraculous, you idiot.
Make it remarkable, and make it legendary.

 こんばんは。最近原付に乗りながら周りの四輪の車種が気になって仕方ない僕です。ここ春日通では、けっこう輸入車の通行も多く、メルセデスやBMWなら一週間のうちにほとんどの車種を見かけることができます。そういえば先日新大塚の近くで止まっているマイバッハを見かけましたね。めずらしいことです。国産車なら、個人的にはセルシオよりもティアナの外見が好きですねー。
 車種ばっか見てるといつか事故る。もう信号待ちのときだけにします。

 試験近いですが、とくにいうこともなく、そつなくがんばってますかねでも土日の効率はひどかったな。木曜日に無理してまで実家に帰りストレスをためて帰ってきたおかげだ。土日は自分の部屋で史上最大級のダラダラに入った。ザ・ホワイトハウスを一気に二十話以上見進めて、第四シーズンまで鑑賞終了・・・第四シーズンも途中までだな・・・このドラマ。ストーリに後始末がなくなった。単におれが疲れて理解力が落ちただけかもしれないけど。
 でもあれなんだよね、長く続くTVシリーズって、かならず内容の質に盛衰凋落(←一般的じゃないことば使いあるね)があるよね。いかに傑作といえど、途中で出演者が抜けたり、老けたりするしさあ。アニメの場合そういうことは少ないけど。
 だからサザエさんとか、ドラえもんとか、The Simpsonsとかのように、アニメ番組の方が長く続くのかなあ。イデアの力は偉大なり。

 日曜日夜から改心してもう二度となにも見るまいと決心したものの、今度はしばらく勉強したら、メールチェックと称してついでにWikipediaを6時間も朝まで見てしまった。さすがに最後は目がかすれた。何を見てたかというと、芸能人とか著名人のプロフィール。笑 すこし日本に詳しくなった気がするわ。
 大学生の試験前なんてこんなもんかもしれない。卒業がかかっているとはいえ。
  1. 2006/08/29(火) 20:39:54|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近鑑賞記

英語TVシリーズを四つ紹介しよう


South Park
おすすめ度 8
 これは奇特な作品だ。まず絵が下手、そして内容がお下劣。クレヨンしんちゃんの100倍はお下劣で完全に成人向け。絵は、下手というか信じられないほど稚拙な紙芝居なのにそのうち慣れてしまい、人物の表情もよく伝わるようになるし、むしろ想像力で補完していい感じになる。
 のちに「超低予算」で制作が始まったことを知り、賞賛したくなった。
 主人公は四人の小学四年生で、最初に見た話では、デブの子(Cartman)が陰毛(Pubes)を20ドルで六年生から買って、自分もとうとう陰毛(てか、ちんげ)を持ったと喜んでいる。人生で一番くらい笑った。四人のなかで最初にCartmanを覚えた。その他のエピソードで神とブッタがタッグを組んだり、尻から食べて口からうんこしたり・・・・アンリミテッドです。
 全体的にかなり早口な英語だが、内容というか語彙が簡単なので、かなり聞き取りやすい。シンプソンズよりもちょっとだけわかりやすいかもしれない。いま4シーズン分くらい見た。
 最後に、聞き取れそうで聞き取れなかったオープニング・ソングの歌詞を載せておきます。
 South Park Theme Lyrics

I'm goin' down to South Park
Gonna have myself a time.
Friendly faces everywhere
Humble folks without temptation.
Goin' down to South Park
Gonna leave my woes behind.
Ample parking day or night
People shouting Howdy Neighbor
Heading on up to South Park.
Gonna see if I can't unwind
I like girls with big fat titties, I like girls with big vaginas (this is really what he says...know you know why you can't understand it)
Come on down to South Park and meet some friends of mine.




Family Guy
おすすめ度 8
The Simpsonsと同じFoxの作品で、設定と作風もかなり似ている。ただしシンプソンズが全年齢向けなのに対し、こちらの方が、下劣まではいかないが少しだけブラックである。そしてキャラクターも父母兄妹に加え、Stuwieという世界制服を企む赤ん坊と、洗練された犬Brianが登場するという点でシンプソンズと異なる。
 友人で元アメリカ人のケニー氏はこの作品の方がシンプソンズより面白いと主張していたのも、いまになって少し納得できる。でもときどき、後半の展開が読めてしまい見てらんなくなるんだよねー。
 初期のごろ、赤ん坊の言葉はだれにも聞こえないという設定になっていたのに、いつのまにか聞こえるようになった。英語は、普通からちょっと難しい程度。The West Wingまで行かないけど、ときどき巻き戻さないと意味を逃してしまうくらいかな。

 いつもアメリカのアニメはブラックで風刺的でおげれつで、一方で人間が演じる方は理想的。日本はちょうど逆のベクトルのような気がするだよね。いいたいことつたわりますかね。




Desperate House Wives

おすすめ度 7
 一時期流行ったが一瞬で下火になったどらま。裕福な住宅街に住む四人の妻が、いろいろとあれやこれや、不倫とか家族崩壊とか、、、、脚本は巧く書けていて人を引き込むけど、中身がない気がするんだよねー1シーズンみてやめた。英語は普通程度、だと思う。




Big Btorhter
おすすめ度 6~9 シーズンによる
 「あいのり」という番組を先日初めて録画してみた。そしてこれはアメリカ版「あいのり」みたいなやつだね。ただ違いは世界中を移動するのではなく、大きな家の中で集団生活を送ること。そして毎週ひとりずつ陶片追放して、最後に残ったひとりが賞金をゲットという寸法。
 最近のシーズン?はかなりセクシャルになってきている。バラバラにちょっとしかみてない。英語は簡単。
  1. 2006/08/23(水) 16:01:37|
  2. 見た本、映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雑感三件

・ヒートアイランドの真只中
今一人暮らししている部屋は、夏になるととても熱い。部屋から外に出たとたん涼しいと思う。
 帰宅してきたとき部屋の温度計見ても、天気予報のものと10度くらいは違う。日中エアコンを切ると室内は35度以上、南向きの台所にいたっては、蛇口から出る水が熱湯に近い。夜になっても、ジョギング後のシャワーは5分くらいまでは、冷水だけで快適に浴びれる。
 考えてみれば、南、東、北向き、おまけに三階建ての3階という最強の角部屋なので、冬は寒く夏は暖かい。今年も電気代がとびそう。



・おばあちゃんのびっくりするひとこと
うちのばあちゃんが今、中国から日本に来ている。今回は二回目の日本滞在だが、先日埼玉の実家でいっしょにご飯を食べている最中のこと。「ここの米は甘みがあって美味しいから、おかずがなくても食べられるね」とばあちゃんが言った。それを聞いて僕はびっくりした。
 普段テレビで「見てください、このつやつやした・・・ ・・・ 本当に・・・ですね~!」とかやってるのを見ても「へっ」としか思わない人間だから、おばあちゃんの口から聞いてなおさらびっくりした。
 そういえばうちのお爺さんは、日本が嫌いというか、敵国として見ていた気がする。朝鮮戦争のとき輸送兵としてトラックを運転していた爺さん(良く考えれば抗日戦争には参加していないというかそんな歳ではないのだが)は、退役後も大の日本嫌い。母と僕が日本に来た際には「侵略された仇を忘れてはいけない」、母が帰省した際には「日本人には用心しなさい」と注意していたそうだ。そんなお爺も、とうとう日本に来ることなく数年前に他界して、そして今、纏足女性では村で唯一存命の婆さんが日本に来て、「米がおいしい」だとか、「電車の中の人が親切」、「緑が多い」だとか言っている。





・61年目の夏
「○○年目の夏」という言い方は実に面白い。それぞれの人、家族、民族の体験によって○○に入れることばが違ってくるだろう。しかし、いつまでたっても○○がその原点となっていることは同じだ。敗戦からたった数十年で、人間というのはこうもの繁栄を築けるものかと、僕はいつも不思議に思っていた。
 「61年目の夏」と題した小論文を書こうと思っていたが、怠けているうちに機をのがしてしまった。今調べ物をする気力もない

 あの戦争は、侵略戦争だったのか、自衛戦争だったのか。あるいは両方だったのか。

 よその国土へ軍隊を派遣して、軍民たくさんの死者を出したのだから、侵略戦争であったことは間違いない。一方で自衛戦争かといえば、そうだったかもしれない。だがそう言うには「スネオが、ジャイアン等にいじめられるのを避けるために、もっと弱いのび太をいじめることで自衛した」という理屈に納得する必要がある。この自衛手法は効果があったかもしれないが、理屈としては自衛の相手を間違えているので、正義を欠くことになる。だから、日本は間違っていたのだろう。

 でも問題はそんなに簡単ではない。日本が間違っていたということと、これからも「きちんとアジア諸国に謝罪し続けるべきだ」ということは違う。「間違ったことをしてはいけない。したら謝るべきだ」というは美しい理想で、物理でいう真空世界のお話。現実にそんな理想は通用せず、そんな理想を守っていればバカを見ることになる。見せ掛けの正義や秩序しかなく、魑魅魍魎がはびこる国際社会という場所では、正しさは果たして国益に叶うのか?ひらたく言えば、(焦点は歴史認識から憲法に変わるが)、手に武器を持つ暴漢の群れの中にあって我だけ「戦力はこれを保持しない」と言い張ることは、自らの利益にかなうのだろうか?
 そんなことはない。そんな白日夢で国際政治はやっていけない。このことに多くの人が気づいたからこそ、今の小泉、安倍、そして靖国人気があるのだろう。日本国民は無反省になったのなく、リアリストになったのだ。「いつまでも反省してはいられない」と。そしてやや本論からずれるが、このリアリズムへの傾倒の背後には、日本人あるいは日本経済の弱体化があると、僕は思う。
 今一度、「右寄り」だとか「戦争に最も近い」だとかといわれている政治家たちの言い分を考えれば、戦争放棄なんていう理想論は見つめ直して、自主憲法制定くらいの強気こそが日本国民に利するというのは、まことにそのとおりだと思う。

 リベラルであることはいいことだ。なぜならリベラルは常に正しい。しかしリベラルは、常に脆弱でもある。





P.S. こういうときに思い出すのがかわぐちかいじの「沈黙の戦艦」。どこかの学者さん、あれをシリアスな小説に書き直してくれないかなー。読みたい。

 
 
  1. 2006/08/21(月) 15:02:39|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近生活記録

 先日書いた記事、外野にいるすべて批評家、それが人間ではないか は実に苦労した。合宿先で書いた後に、都合三回手直しをして、かかった時間も四時間を下らない。衆目に晒しておくのは甚だ心苦しかったが、公開してしまったものはRSSリーダーで伝わってしまって、いまさら非公開にしてもしょうがなかった。友人に批判してもらったり、根気よくねばり、先ほどの訂正でやっと人様に見せれるくらいの体裁は整った、と思う。
 インスピレーションのない時に無理して書くと、ろくなことはない。できた文章はまるで事故車のようにおかしくなっていて、あっちを直しても、こっちを直しても気に入らない。それにひきかえ、稀に一気呵成に書いた文章が非常に出来が良い場合がある。私はそういうのが気に入っていて、自分であとで何度も読み直す。好きな作家も何人かいるのだが、案外一番好きなのは、自分の文章かもしれない。
 記憶が正しければ、昔のどっかのバカ(いや、思想家かなにかだったはず)が、自分の書いた日記をこっそりしまっては、あとで取り出して読んでいるという話を聞いたことがある。それを称して曰く、「蜜につけたなんとか」を少しずつ楽しむようだという。
 概して、だれよりも自分の文章が一番好きな人間とは、こういう類をいうのだろう。

 さて、夏休みに入ってから、ゼミ合宿、免許合宿、一日の帰省、学校で筋トレ、海浜幕張に遊びにいく、といろいろあったのはあとで書くとして、卑近から、今週の出来事から書こう。

 火曜日:
 昼に起きて、なんだかんだやってたら、というかSouth ParkとFamily Guyとを交互に見てたら夕方になった。この日はコイズミ兄貴主催のこー兄貴の回復祝いと称した飲み会だった恵比寿の夜。つまり昨日に引き続きOVAL関係のあつまり。
 豆腐料理をきわめて遅いスピードで食べていたら満腹感が得られ、翌朝1kg減。反応が大げさなんだよ、おれ。てか普段食いすぎだよ、おれ。
 会自体は10人ほどあつまって、久しぶりにミポリンさんとツカゴシさんにも会えた。オオクラ君とオオクラ君の友達の子がペアルックだった。笑 
 最近、自分のエキセントリシティをもてはやされている気がするので、普段以上にはしゃいで、ウケていただく。んー、これでいいのかー。

 
水曜日:
 久々の一日ふりーでぃー。夏休みなのになにかと用事やら約束のありがちな現代のぼく。前夜、一日中勉強して最後は筋トレで締めようと意気込んだ。が、昼寝坊でスタート。学校へ行く。思い切って筋トレをカットして、7時間勉強をねらうも、昼飯後に一つのダウンがノックアウトにつながる・・・・起きたら5時でやけになって雑誌を読んでいたよ。アエラはアホのための雑誌だと知りつつも読むのをやめられないどうするよ!?
 結果:図書館に6時間いたが、二時間しか勉強できてない。帰ってからも相当へこんでた。ジョギングしたら立ち直った。
 教訓:つまるところ勉強のインセンティブがないんだよインセンティブが。アルアルと自分に言い聞かせつつもないもんはないないよねーてこと。昼飯後はあまり難しいことをするな。楽しいことか、体を動かすことをやろう。


 木曜日:
10時に髪を切りに行き、13時に歯医者。終わってから千駄ヶ谷駅へ。列に並ぶつもりはさらさらなかったが、国立競技場の前まで行くと人出が仰山で、勢い並ぶことに。
 「反対側の代々木門の方が空いております」という整理スタッフの姦言を信じ、5分歩いて裏へ回ってみるとそこは炎天下。木陰一つない。ゲットしたポジションは最前列に近く、引き返すのもしゃくだし、並ぶこと30分。汗滝のごとし。熱中症で群衆の中の誰かが死んでもすこしも不思議ではなかった。そして運営すタップは頑なに予定時刻まで開門しないそんな自由席行列に並ぶ悲しみ。
 貧乏人は麦食えってか。日刊スポーツくたばれ。
 イベントが始まってからも広告多すぎ。神宮外苑花火なんて二度といかねー。そして金輪際自由席なんてもんは買わねー。
 そして違う意味で最高に楽しくなかった花火。もう明日OVALというビジネスコンテストの決勝プレゼンを見にいく気力がない。

金曜日
 朝目が覚めたら、ありえないメールが来ていた。大きなショックを受けた。そして意味不明。すっかり目が覚め、学校にいく。この日は もうやってらんねーという思いがバネになったのか、予定通りのスケジュールをこなせた。
 帰ってから反動で、The West Wingを6話も見てしまう。深夜に李君と連絡して、翌日の日程を決めた。

土曜日
 OVALの中国のスタッフを連れて東京見物、というか買い物。彼らの購買力はすごい。日本製品は日本の方が安いからだろう。やっと電気店が中国語のアナウンスをする理由が分かった。
 馬克、王崑、石冶をつれてゲーム機を買うのに足が棒になるまで歩く。朱輝、・・・ ・・・ とか14人くらいいた。程ちゃんという子にも会った。
 みんな人ができすぎている。日本人とは違うスタイルですごい完成された人たちだ。この世界は、俺を除いてみんな人ができているだろうと思った竹芝埠頭のキレイな夜、そして着岸する踊り狂う船。
  1. 2006/08/20(日) 02:36:34|
  2. 生活記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自動車教習を終えて

 筆者超旅行人は、つい数日前に山形県長井市での自動車教習を終えた。AT車限定免許の14日間に渡る教習で、無事遅延することなく卒業することができた。
 ここで、教習期間中に思いついた疑問について書いてみたい。



・ABSがどうして制動距離を短くできるのか。

 車の走行中に思いっきり強くブレーキを踏むと、タイヤがロックしてしまう。ロックとはタイヤがまったく回転しない状態だ。車はタイヤと地面との摩擦でやがて停止するのだが、この停止するまでの距離が、タイヤがロックしない場合に比べて、ロックした場合の方が長いという。なんでだろう。
 手近な丸いものか円柱状のもの、なんでもいいのだが、を手にとって考えてみると、まったく回転させずに地面を滑らせる場合と、回転させて地面を転がす場合では、どっちが停止する距離が長いだろうか。どうも、直感的には転がす方が停止距離が長い気がするが、実際は逆で短いという。そしてABS(アンチロック・ブレーキング・システム)も、タイヤをロックさせないようなぎりぎりの力でブレーキをかけ、停止距離を短くする仕組み、ということになっている。???なぜ
 推測:これはおそらく高校物理で習うところの静摩擦とどう摩擦で解決される。想像してみると、本が詰まったダンボール箱が地面においてあり、それを引っ張る。ダンボール箱動き出すまでは大きなが力が要るが、いったん動き出すとより小さな力で引っ張ってもも動いてくれる。
 「動摩擦力」は物体同士が相対的にずれつつある状態で働く。これは、ずれていない状態働く「静摩擦力」よりも小さい。自動車の場合、タイヤがロックしてしまうと地面とずれつつある状態となり、動摩擦力が働くため、制動距離が長くなってしまうのだ。一方タイヤがロックせず、地面とちゃんと噛みあっている場合は静摩擦力が働くので、早く車体が止まる。



・シートベルトの仕組み

 普段はすらすら伸びて出てくるシートベルトだが、ブレーキが踏まれた際にはカチッととまり人の体を止めてくれる。中でどうなっているのだろうか。
 推測:中にベルト幅と同じ長さの小さなな鉄棒があって、車が減速した際には、これが慣性で前へ出てシートベルトを押し付けて、つまらせてしまう。ちょうど男性用ズボンベルトの一部が採用しているのと同じ仕組みだ。これによって、時々手でシートベルトを速く引き出したとき、摩擦力で小さな鉄棒が前へ出てベルトを詰まらせて止める現象も説明される。
 ただし、車が減速したとき、小さな鉄棒と同時に人間も同じく前へと進んでいく。果たして人間が前へ飛び出すのを、十分間に合う早さでベルトをとめることができるののか。依然疑問が残る。



・半クラッチの謎

 これは友達と何度も議論したが、答えは出ていない。クラッチとは、エンジンからタイヤへと動力を伝える途中にある節点みたいなもので、下図のように教科書に描かれている。左側がエンジンで、右側がタイヤへとつながっていく
060814_1511~01.jpg



ここで問題なのは、半クラッチとはどういう常態か、ということだ。
 推測:もし図のように、二つの平面が接して動力を伝えるのなら、「半」という状態は存在しないはずだ。平面は接しているか、接していないかのどちらかだからだ。
 もし、クラッチが完全なる剛体の平面でできているのではなく、歯車のような凸凹がついているか、またはゴムのような伸縮性のある材質だとすれば、さらに謎は深まる。たしかに、この場合なら両側を強く押さえつけた場合と、まったく離れている場合との中間に、「半」くらいの強さで押し付けた状態というのが存在し、動力をも「半」くらい伝える状態が存在するだろう。
 しかし、磨耗はどうする?歯車が半分の深さでかみ合って力を伝えていることを想像してみよう。すさまじく磨耗して金属粉が飛び散るはずだ。ゴムにしても、エンジン側の回転数がタイヤ側の回転数より高いのなら、磨耗が激しいはず。いずれにしても、10万kmもの耐久性はないんじゃないかな。 半分だけ動力をつたえる半クラッチはいったいどういう仕組みだろうか。想像だけでは、説明することができなかった。偉い人、教えて。





・交通信号の最適化

 原付バイクに乗り始めたときから思っていたことだが、信号が変わるタイミングというのは実に面白い。
 一番顕著な現象で、おそらく誰もが気がついてるのは、「手前の黄色信号を無理して突破しても、ほとんどの場合次の信号は赤で、止まらざるを得ない」ということだ。これは、果たして、信号を突っ切るインセンティブを与えないようにするためなのか、それとも交通の効率性を考えた上で当然の結果なのか。興味深い。
 疑問はさらに交通の効率性自体へとつながる。都市経済学の簡単なモデルでは、交通(移動)のコストは、移動時間そのものであるという記憶がある。だとすれば、いったいどういうタイミングで交差点の信号を切り替えれば、すべての人の交通コストが最小になり果ては国民経済にとって一番良いのだろうか。
 一番簡単なモデル、を考えてみると、さしずめこうなるだろう。つまり、道路幅が同じの二本の道路からなる交差点があり、交通量(台/h)も道路幅に準じて同じである。このとき、青信号期間の長さは必ず同じになるのだろうか。条件が対称なので、結果が異なるはずもない。しかし、ここから発展させて、一方の交通量が大きい場合はどうだろうか。また、歩行者の横断が片方に集中している場合、その便益をどうがんがえればいいのだろうか。さらに、青信号の絶対的な長さ、すなわち30秒おきにするのかそれとも3分おきにするのか、は、この交差点の前後の交差点の条件と距離とに依存するのではないだろうか・・・・また朝、夕方の時間帯によって都心方向にと郊外方向への交通量が変化するとしたらどうか。信号の長さも動的に変化させるべきなのか?
 実際の都市は、条件が異なる交差点が無数にあり、複雑極まりない。 調べてみれば、れっきとした学問があり、交通工学という。OR(オペレーションズ・リサーチ)の一つの適応分野となっている。
 また余談になるけど、先日東大で行われたαストラテジーのJason McQueenさんの講演会で得た情報だが、70年代に設立されたとあるヘッジファンド(名前失念)の運営者も、前身はこの種のORを行っていたというのだから、実に興味深い。





・道路交通規制と経済効果

 日本の道路交通規制はToo Muchだ。やりすぎだ。そういう気がする。安全にゃいいかんもしれないけど、不便だ。確かにすべての車が鉄道の踏み切りで一時停止すれば、事故はなくなるかもしれないけど、その一時停止が生み出す経済的損失はいくらよ。電車の中で、すべての男性が両手をあげて万歳し続けていさえすれば痴漢はなくなるってのと同じ理屈じゃないか。空港で全員素っ裸にしてから搭乗させればテロを防げるってのと同じじゃないか。
 そもそも、毎年交通事故で1万人くらい死んでいる。これをどう考えるか?考えようによってはすごい数である。しかしいくらがんばったところで交通事故による死傷者はなくならない。どうしても0にしたければ、モータリゼーション以前に戻るしかない。だけど実際には社会全体の便益の方が大きいからこそ、車社会が続いてんでしょ。ならばそこんとこをさあ、規制緩和による便益と、事故による損失を、天秤にかけて、(まがりなりにでも)量的に分析し、その結果踏み切りの手前で一時停止した方がいいというのなら、停止してやろうじゃないか。
 そうでなければ、どうしても、運転歴のないおれがみれば、ばかばかしくてやってらんないです。あと、乗車前に、車の下に子供が隠れていないか確認するのとかも。あれ、なに?そんな隠れるようなクソガキは淘汰されてしまえ!ニヤリ ←暴言
 
 まあ、街なか走ってて、大方の規制標示や規制標識は一理あるなあという気がするけどね、なかにはばかばかしいと思わざるをえないようなこともあるわけですよー。 
 こんな複雑な日本の道路交通規制だからこそ、自動車免許の取得に2週間という時間と25万円~30万円というお金がかかるのかもしれない。くそ高いんじゃない、世界的にみて。その結果たしかに、国土狭小人口密集にもかかわらず、交通事故死亡者数が世界的にみても低いかもしれない。(交通白書みたけど、ずばりの世界比較はなく、10万人あたりの死亡者数では先進国で一番低いというくらい) だけど、走行台数キロあたりになおしたらどうなんだろう。逆の説もある。参考:http://www.iatss.or.jp/review/30-sp/30-sp-49.html



はて、わりにあってんのかねーて感じです。
  1. 2006/08/15(火) 23:06:53|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外資証券、コンサル各社の求める人材像、というか内定者のイメージ

 以前のメモを公開する。たいした価値はないが、今の就活生に役立てるならまだ間に合うかなって思って。

外資系投資銀行各社に勤める人、求める人のイメージ、主に先輩内定者の談話と、自分の印象により作成した。


MS:クール、紳士的、個人能力を重要視する。ディベートでバトらせ、潰しあいをさせる。
  英語力重視だと思う。ESも、筆記も。社員はドライだという。

GS:ギラギラ、がっつき、不真面目で遊び好き。IBDはおっとりした人が多い。待合室で内定者同士の仲の良くなり具合を見て、交流能力重視。どっちかというと日本企業だ。変なやつを好む。
  インタビュー人数が多い、傲慢な質問も多い。

LB:IBDは体力重視。混沌としている?マーケットの筆記試験はきわめて難しい。

JP:複雑なデリバティブ商品を得意とし、ノウハウを持ち、お家芸であり自慢でもある。地銀などそれを絶対必要とするところを相手に、大きくはないがニッチな商売をしている。頭のいい人を求める。

ML:真面目な内定者が多い。予習復習をするようなひとだ。IBDが強いファームで、その文化も強く出てる。きっかり、こつこつやれる人を求める。

UBS: 内定者がチャライ? 株式が強い。非常にまったりした雰囲気だが、求める学生はべつにまったり系ではない。

NC: ピンで頑張ろうとする人向き?

BCG:17~20人のオファーを出すが、最終的に来るのは10人ほど。良くあるのが、理系の院生が「やはりサイエンティストの道を行きたいと」P&Gやら他のメーカーに行くパターン。一度採用した人材は、大事に育てる。芽が出ないやつには、さらに教育に金をかける。いわく「地頭の良さは変えられる」と、教育に自信を見せている。

Mck:70人ほどのオファーを出すが、最終的に行くのは30~40人。三年間でUp or Outが決まり、BCGと反対の文化である。単純作業から始まり、そのなかでキラリと光るものが見えるやつは上がっていく。芽が出ないやつはクビにはしないが、いつまでも単純作業に終始する。BCGはこの点、単純作業は外注し、一年目から頭を鍛えろという、らしい。

 Bain:近年採用活動がうまくいかず、躍起になっているらしい。

 以上けっこう偏った視点からの描写である。
  1. 2006/08/14(月) 17:30:57|
  2. 就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おなかを掻くと、なぜ背中がかゆいのか

 たまに体のどこかの一点がかゆいなあと思って、そこを掻くと、ぜんぜん関係ないところがかゆくなったりする。まるで一本の線でつながっているみたい。どうしてだろう、神経信号が反射したり、混線したりしてんのかなあ 笑

  1. 2006/08/14(月) 17:21:50|
  2. 生活記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外野にいるすべて批評家、それが人間ではないか

「評論家は必要ない。本当に仕事ができる人間がほしい」

「外野から批判してないで、自分でやってみろ」

就活前線でよく耳にしたこれらの言葉が、本当に意味しているのはどういうことだろうか。


私は、「あらゆる人間は生まれもって優れた評論家である」ということを意味しているのだと思う。言い換えれば、我々人間は何事かに関して、それをなす能力がなくても、認識し優劣順序をつける能力を持っているということである。具体的に言えば、こういう例だ。

・どんなにつまらない人間でも、テレビに出ているお笑い芸人を見て「あいつはおもしろい、あいつはおもしろくない」と判断することができる。

・どんなに体が貧弱な人間でも、オリンピック競技を見て、どの選手がいちばん速くて、どの選手がもっとも力強いか判断することができる。

・どんな人間でも、他の人間を見て一瞬のうちに美醜を判断することができる。


 すこし話がずれるが、美醜を一瞬のうちに判断する能力は本当にすごい。今のところ、これはコンピューターに画像処理させてもできない。おそらくコンピューターは価値観を持たないからだというのはあるが、それを抜きにしても、顔のイメージは情報量が多すぎて一瞬のうち処理は難しいということはあるだろう。また、大方の人間で美醜の判断が一致するということはさらにに驚くに値することだ。以前友人と夜通しで、これがなぜなのかについて議論したことがあるが、ナイーブな結論しか出なかった。

 本題に戻る。人間は本質的に優れた評論家である。このことは、人間の認識・想像力が行動能力よりはるかに優れていることに起源する。たとえば完全なる暗闇の中では、人間は40km先のろうそくの光を認識することができるが、40km先のろうそくを点すことができる人はいない。荒唐無稽というのならこの例はどうだろう。人は正確な円を頭の中で想像することができるが、ほとんどの場合それを描くことはできない。実際にイデア(理想)を体現できるのはほんの一握りの人間である一方、あらゆる人は頭の中にイデアを構築できるのだ。つまるところ、われわれ人間は実に、認識においては高性能、そして想像においてはインテリジェントな動物である一方、実際の実現能力はほとんどの場合低い。

 このことによってどういう現象が生じるのだろうか。

 それが批評・評論である。

 人は、たとえ数学教諭じゃなくても円を頭の中で描いて、それと実際に数学教諭が描いた円とを比べてケチをつけることができる。人は、スーパーモデルでなくても、スーパーモデルを見て甲乙をつけてあれやこれやと言うことができる。我々が「今日の島田しんすけや明石家さんまはトークの調子が悪いな」と思うことがあったとして、これは、我々が彼らのように一級のトークができることをすこしも意味しないが、一方でだからとて、我々の認識・判断が間違っているということもめったにないのだ。白痴を除けば、すべての人間は優れた評論家といえるのだ。

逆に、もしすべての人間が自分の実現能力の限界までしか認識できないとしたらどうだろうか? 自分より速くいものが見えない、美しいものが認識できない、自分が書くのより上手い絵を鑑賞することができない。

人は理想の中の自分にはなかなかなれない。「よし、OOOしよう」「XXXになろう」と立てた目標がよく頓挫するのも、この実行能力と認識・想像力の差から生まれる現象である。


ところで、評論・評価においてもっともおもしろいことは、Aさんという人が下した評価とBさんという人が下した評価が、お互いに違っていることはあまりないということだ。おもしろい・おもしろくない、美しい・醜いは、個人によって判断が微小にずれることがあって、大方のレベルでは一致する。そうだからこそお笑い芸人や、グラビアアイドルというような職業が成り立つのだろう。

 このことはさらに大衆による多数決の正しさへとつながる。
 
 衆愚ということばあるが、これは実にアホなことばだ。大多数の人間は(他の意思決定主体より)正しいからこそ今現に民主主義世界は繁栄しているのではないか。マスコミ、識者どもが心配しているのとは裏腹に、大多数の人間が愚かだったり、愚かにされたりするというような事態は、歴史のなかでめったにしかなかったのではないか。独裁者が出現した時代でさえ、全世界をみれば人間は正しかった。
 それに他の観点から大衆の正しかをこのように理論付けることもできる。すなわち、(以前の記事でも書いたが、)真(善、美)とは所詮、大多数の人間の共通主観である。もしそれ以外のなにかであったとしても人間にとって意味はないのだ。愚直な例をあげれば、「本当は株式相場が下がるのに、すべての人が上がると認識している」のならば、本当に下がるという真実は存在しなくなるのだ。すべての人にとって永遠に存在しない真実は、しょせん存在しないのと等しいということである。
  このことと、人間の認識・想像力の高さ、さらに人間の価値観の一致(AさんとBさんの認識はほとんどの場合一致すること)の三点が、大衆による多数決の正しさを支えている。


 このタイミングでここまで露骨に書けば、気づいた人もいるだろうから、あえてはっきり言おう。この議論の亀田こうき事件への適応である。

 亀田選手は実に傑出した人間だと思う。彼が、身体能力において、またその話しぶりを聞けば知性・誠実さにおいて、さらに推測するに自律・精神力において、平均的な19歳あるいはさらに何年か多く生きた青年と比べて並外れて優れているということは間違いないだろう。そして記憶が正しければ、私は記事の中で彼を批判したことは一度もない。

 これらの事実とは別に(多くの日本人はこれが別だということに気がついていないのだが)、亀田選手がチャンピオンベルトをとったあの試合で、彼が勝っていた、言い換えると世の中の大多数の人間の判断が間違っていたということはありえない。もし、普段優れた評論家であるはずの大多数の人間があの試合に関して間違っているというのなら、換言すれば、(あの試合に限って?)ボクシングは素人には理解できないというのなら、ボクシングというスポーツ自体が責任を取るべきだと思う。衰退という形で。

 以上が私の考えだ。
  1. 2006/08/05(土) 14:35:23|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

亀田こうき選手が負けるよりも可哀相な目に遭っている件について

TV中継を見てなかった人の為にまずニュース記事を載せておく

亀田興毅、19歳で新王者に=ダウン喫すも、判定勝ち-WBA・Lフライ級

2006年8月2日(水) 22時1分 時事通信

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦は2日、横浜アリーナで行われ、同級2位の亀田興毅(19)=協栄=が同級1位で元WBAミニマム級暫定王者のフアン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=を2-1の判定で破り、初の世界戦で王座に就いた。
 弟の大毅(17)、和毅(15)もボクサーで、爆発的な人気を持つ亀田3兄弟の先陣を切った長兄興毅。1回にダウンを喫するなど手数の多い相手に苦しんだものの、中盤でポイントを稼ぎ、12戦無敗で世界タイトルを手にした。

<亀田興毅>中継のTBSに電話殺到

 WBA世界ライトフライ級王座決定戦「亀田興毅対フアン・ランダエタ」戦を2日午後7時半から約2時間半、生中継したTBSには試合直後から視聴者からの電話が殺到し、かかりにくい状態が続いた。呼び出し音の後に、電話が込み合っていることを知らせるテープが繰り返し流された。電話の大半は、判定への抗議とみられる。
 放送を見て毎日新聞に電話してきた男性は「亀田選手には勝ってほしかったけど、試合の結果に納得できない。この怒りをどこにぶつけたらいいのか」と憤っていた。
 TBSの広報担当者は「判定がおかしいのではないかという苦情と、番組開始から試合まで時間がかかったことについて苦情があった」と話している。
(毎日新聞) - 8月3日0時54分更新

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
試合を1ラウンドから最後まで観戦していた超旅行人の意見をいえば、亀田選手は完全に劣勢だった。
・最初にいきなりフックを喰らって、亀田選手ダウン。
・試合全般を通してヒットしたパンチの数が違う(両者の顔面のダメージ情況をみれば明らかに亀田選手の方がダメージが大きい)
・亀田選手の守り一辺倒な姿勢。対戦相手のランダエダ選手は巧みに試合を作っていたように見える。闘牛士と慄いた牛のごとく。
・最終ラウンド辺りでは、亀田選手は足もフラフラで、相手に抱きついてダウンを必死に回避していたように見える。

この試合をガッツ石松はこう評している。

「まいったね。なんでこの人が勝ちなの。亀田兄弟は人気があるかもしれないけど、この試合で勝てるのなら、ボクシング界は何をやっているのかと思われる。日本人は立っていれば、チャンピオンになれるの? 全世界のボクシング関係者に見せて、判定してもらえばいい。日本のボクシングはタレント養成所ではない。これがまかり通るなら、僕はボクシング関係の肩書は何もいらない」



またWBCバンタム級元王者・薬師寺保栄は以下のようにコメントしている

自分の戦った経験から、亀田が4~5ポイント負けていたと思う。亀田には「よう頑張ったな」と言えるかもしれないが
「絶対勝ちだったな」とは言えないなあ。
リングサイドで見ていた知り合いからも
「この判定、どうなの」という電話ももらった。
判定がクリーンなら、こんな問い合わせはない。
今後悪い意味でボクシング界に影響する。


また今回の試合を一般視聴者はこう評価している

Yahoo!投票


亀田興毅が判定で世界タイトルを獲得。あなたの判定は?
2006年08月02日より 計73005票

亀田興毅の勝利 4% 2652 票
ファン・ランダエタの勝利 95% 69253 票
引き分け 2% 1100 票



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、こういうときに2chを見ると、民主主義を体現しているようで本当におもしろい。また情報もたくさん集まっていておもしろい。以下は2ch格闘技板、ボクシング板からの抜粋である。

63 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:13:07 ID:qIH3/8zD
11Rに亀田の足が何度もをもつれて、立っていられなくなって対戦相手にもたれるようにして前に倒れた。

完璧なダウンだ。なのにレフリーが腕づくで亀田を持ち上げて立たせやがった。www

65 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:13:27 ID:Gxhm41gG
すみません。何方か、ボクシングの判定基準を教えて下さい。
判定には腰を抜かしたのですが、判定基準も知らずに、文句も言えないので。。。


66 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:13:32 ID:lxrCcWc5
ムサシやマサトも驚く贔屓判定だな。
彼らもここまでされると勝ちを辞退したくなるだろう。

67 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:13:46 ID:euYxwi6l
K-1はヤオくさい判定が多いが、ここまで露骨ではないな



69 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:13:51 ID:nhGQbhz5
ボクシング完全にオワタなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
見事な自滅wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

41 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 23:50:52 ID:FkWVxlcY
亀頭の判定勝ちは今年最大の釣りだな


10 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:02:54 ID:iS6QoggK
ボクヲタはもうK-1やプライドの
判定にいちゃもん付けれないな。

これは競技を舐めてるというか、まがりなりにも世界的なコミッションが
ある競技でこんなジャッジしたら日本のスポーツ界自体が信用を失うぞ。


さらに創意あふれる2ch書き込みが以下である。


9 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:02:15 ID:jnXRnIJM
正直新日がガチにみえる


422 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:2006/08/03(木) 00:50:04
疑惑判定のブルース
亀田の試合を見たときの話やけど どうみてもランダエタが勝っていると思っていたのに
亀田勝利の判定を聞いて「エー!?」と驚くのは‥

自由だああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!

疑惑判定 is freedom 疑惑判定 is freedom ハイ一緒に!
疑惑判定 is freedom 疑惑判定 is freedom センキューーー!
  

1 :ランダエダ :2006/08/02(水) 22:09:38 ID:Qm3ikN56

いやあ、1Rで亀田がダウンしちゃって、びっくりしたよ。
負けるように言われてたのに、勝っちゃったらさあ、大阪湾に
沈められちゃうからね。
あーヨカタヨカタ。



20 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:51:02 ID:bnd2sa2U
本気で闘ってるぽくちょっとパンチ出したら亀さん倒れちゃうんだもの。
マジ焦ったけど、立ってくれて安心したよ。
ワザとらしくダウンも出来ないから、最終ラウンドまでいっちゃったけど、
そしたら亀さん完全にスタミナ切れちゃってさ。さすがにごまかし出来んと
思ったけど、最後はジャッジが締めてくれてまたまた助かりました。
でも、あんなに弱いとは思わなかったよね。もう少しパンチ強烈なら途中で
ダウンしても良かったけどさ。

21 :実況厳禁@名無しの格闘家 :2006/08/02(水) 22:51:12 ID:TcOS998N
TBSさんありがとう
これで家族みんなで一生食うに困らず暮らすことが出来ます.
本当にありがとう




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上2chからの抜粋である。ところで、今回の試合結果が完全なる偶然であり、金銭買収が一切行われていなかったと思うには二つの無理がある。

1.試合結果自体に無理がある。あの判定が偶然に出るのはありえない。(とボクシング関係者も異議を唱えているとおりだ)

2.TBSの姿勢が八百長の存在をほのめかしている
 これについては下のリンク先の動画を我慢して最後まで見てほしい。

ムーブ!勝谷誠彦の亀田は国辱発言


内容は大筋こうだ。
・試合を中継するTBSは、今年の大晦日は亀田選手の防衛戦を放映する予定である。もともと大晦日に放送予定であったレコード大賞を30日に移動することを決定した。近年レコード大賞の視聴率低下を、亀田選手の試合で挽回する狙いだ。
つまりTBSは、亀田選手が負けることを最初から想定していなかったのである。
・さらに、マッチメイク自体も、対戦相手のランダエダ選手が階級を上げて、逆に亀田は下げて戦うということもあり、試合は亀田が圧倒的に優位だ。おまけにランダエダ選手は27歳で引退間近・・・


???   苦笑 

ここまで聞いて、今回の試合の裏にになにか偉大なる力の存在を感じない人はいるのだろうか。もし八百長仮説が正しいとすれば、いったい誰がこれを企て、どこからどこへいくらの金が動き、そしてこの企みはなぜこんな派手に、地み塗れるほど失敗をみたのだろうか。
 また、今回の事件で亀田選手や関係者は明らかに被害者である。判定負けしていたほうが、当選手の今後のキャリアや人気のためにとって良いということは言うまでもないだろう。同様に、ボクシング界、ボクシングファンや試合の視聴者も被害者である。ボクシングの公平が損なわれ、ファンと視聴者は不愉快に思った。あるネット上の書き込みでは「そろそろお金で買えないものはなくなったなーと思った」と嘆いている。
 さらに、加害者であり利得を得たのはTBS(または他の興行主)であるはずだが、アホなことに、興行主に利得が生まれるところか評判がガタ落ちだ。怒り心頭に達した一部の消費者は、TBSを二度と見ない(ことは難しいかもしれないが)、スポンサーのBOSS缶コーヒーを二度と買わないというような行動にでる可能性はあるだろう。あからさまな八百長により、言い換えれば試合の情況を観察して中止するというオプションを持たなかったことにより、大失敗となった。

最後に、コラムニストの勝谷誠彦氏はがTBSに対し行ったコメントをもって締めくくる。

「騙るに落ちたってこういうことやな。
(亀田の)敗戦を想定していないってどういうことやねん。
勝負事で。ええ加減にせえよ国民舐めるのも。
こいつは国辱じゃ。
よその国から来てもらった対戦相手にあんな失礼なこと言いやがって。
具志堅用高さんがあちこちで発言なさってるけどね、
やっぱりね守るべき礼儀は守らなあかん。
TBSがどこまで深入りするか俺、注目してるからな。 」

この喝破を聞いて、勝谷誠彦という人をにわかに尊敬し、ついつい調べてみました。

勝谷誠彦の××な日々
http://www.diary.ne.jp/user/31174/

P.S.
今回の件のとき、ガッツや勝谷や薬師寺といった正しい評価を下せる人の株はかなり上がると思われる。これについては、超旅行人が以前書いた記事褒貶のダイナミックレンジが関係ある。
  1. 2006/08/03(木) 01:25:29|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

現在位置山形県長井市

 いろいろと書きたいが、気力が足りて最後まで書きあげられるかどうか分からない。またおもしろい文章が書けるかどうかも分からない。しかしこのまま書かないで、流れてしまうには惜しい気がする。また、やろうやろうと思っているとことをやれないで終わると、自分が腐ってしまう気がする。とりあえずがんばって近況から書くことにしよう

 また例によって時間順序を逆にして、最近から過去へさかのぼって述べることとしよう。

 いま筆者は山形県長井市に来ている。長井市は人口3万人ほどのまちで、東京からの最寄り駅は山形新幹線の赤湯。長井市は置賜地方(米沢市が最大都市)に属する商工業で栄えるまちだ。古くは、最上川舟運の港町として栄えた商工業都市で、日本海に面した一大海運港であった酒田から、最上川を経由して米沢に至る舟運ルートの終着港が長井であったという。by Wikiぺディア
 私はこの街へ自動車免許の教習で来ている。日本のきわめて洗練された、言い換えれば煩雑極まりないそして高コストな自動車免許教習システムに対する文句・批評のつらづらは、またあとで述べることにして、とりあえず、この長井市は良い田舎だと思うことを述べておこう。良い田舎というのはクソ田舎と対語をなす言葉だ。意味はこうだ。クソ田舎が、なにもすることがなく、選択の幅が狭い生活を強いられることを強要される辺縁的な集落を指すのに対し、良い田舎とは人口密集から生じる都会の弊害を持たない一方、便利で自由かつ快適に生きることができる辺縁的な集落である。

 さて、ここまで書いて、もはやどうつなげてよいのか自信がなくなってきた。

 良い田舎という証拠を挙げよう。私が宿泊しているMATOBAという宿から歩いて5分ほどのところに、レンタルビデオのGEOがあり、これは池袋のGEOよりもデカイし、ガンダムプラモデムから古本、香水まで扱っている。便利だ。フラワー長井線というローカル単線の長井駅の駅前2分にやきとりの「きちろー」という店があって、ここは味、値段ともに人生で最高だと言っても過言ではない。

またこのあたりは基本的に緑(たんぼ)が多くて、田舎っぽくてよい。


 駄文だな。寝るよ。またあしたがんばろ
  1. 2006/08/01(火) 02:11:00|
  2. 生活記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。