超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソラリス -エントロビーと時間と生命-

Solarisはラテン語で太陽という意味だ。コンピューターに縁が深い人は、UNIX OSのひとつの名前として記憶しているだろう。またワイン通なら、「ソラリス」は日本産のプレミアムワインの名前として知ってるかもしれない。

毎年世界各国のGDPが何パーセント増えたとか減ったとかがニュースで取り沙汰されるが、いったい何が増えて何が減っているというのだろうか。高校物理で習う質量とエネルギー保存則を考えれば、なにも増えたり減ったりしないはずじゃないか。
そして時々耳にする「製造業は根源的な付加価値を生み出していて、金融業生み出さない」という議論があるが、どういう意味だろうか。無から有を生み出すことは、製造業にも果たして可能なのだろうか。形を作り変えているだけなのではないだろうか。


これらの疑問を突き詰めていけば、付加価値や経済成長とは「エントロピーの縮小」であるという結論にたどり着かなくてはならない。つまり付加価値とかGDPを生み出すということは、たかだか部屋を片付けるとか、グラウンドに散らばったボールを拾い集めるとか、土をレンガにして家を建てるとかという類のことである。なにも無から有を生み出してはいない。いうなれば製造業も金融業も「右から左へ流しているだけ」であることには変わらず、付加価値をつけるとかつけないとかという議論にに関してはまったく同列である。唯一別格の仕事をしているのは、太陽だけだ。太陽は燃えることで自らのエントロピーを増大させながら、地球という閉じた系に外部から負のエントロピーすなわち「付加価値」を絶え間なく注ぐ。負のエントロピー、というのは長くて言いづらいのでソラリスと言おう、太陽はソラリスを空から降らせているのである。

ところで、エントロピーとは結局どういう意味か。日本の古典平家物語の冒頭がこの上なく簡明に説明している。


園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらは(わ)す。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。

時間がたつにつれ、強者は衰え、美人は老醜し、雄姿を誇った建造物は、風化しくずれさっていく。世の中すべては移ろい変わり、果てにはみな等しく塵と化す。これを熱力学でエントロピー増大の法則と呼ぶらしい。

時間がたつとすべてが移ろい変わる、といったが、よくよく考えてみれば、われわれ人間が「時間が経つ」と呼ぶ現象そのものがエントロピーの増大ではないのか。つまり「取れたての魚は新鮮だ」とか、「次の一秒間の天気の予測よりも、来月の天気の予測が難しい」といった常識の裏には、時間が経たなければ物事は変化しないという前提があるのではないか。してかつ、われわれは時間の経過を物事の変化(秒針の移動とか、日没とか)を観察して初めて認識するのだから、結局のところ時間の経過と、物事の変化すなわちエントロピーの増大は同じことなのではないか。

物理単位系の定義を見てみると、やはり時間は光の移動とかで定義されているし、実務的には原始の崩壊で計られているから、時間と物事の変化は同じようだ。

余談だが、この国際単位系SIというのは読んでるとどうもトートロジーのにおいがぷんぷんするのだが、どうなの。エロい人教えて。)

ここにきて、時間の経過はすなわちエントロピーの増大であるということ(言い換えれば生命の死、物の崩壊、さらに経済社会においては価値の減少を意味する)がいえる。だから逆に、エントロピーの減少は持ち時間の増加または価値の増加といえるのではないか。価値をその目盛りである「お金」に置き換えれば、まさに時は金なり、というもうひとつの言い古された理にたどりつく。

ところで、生命とはなんだろうか。社会とはなんだろうか。それは存在するあいだ、エントロピー減少する系のことである。人も社会も毎年成長しているとしたら、エントロピーが減少しているということである。やがてはその系は、エントロピーが発散しきってしまい死んでしまうという運命は免れないにしても、今しがたの間は魅力があがり続けるということである。

(そういうたとえでは、中国は二十歳、日本は哀愁漂う三十路ということになる。)

時間はお金ではかれるだろうか。ほとんどの人が自分の時間を売っているこの社会で、NOと言う答えはありえないだろう。
生命はお金で測れるのだろうか。NOと言いたい人は多いだろうが、私はYESだと言いたい。生命が時間で測れることを考えれば、時間と等価のソラリスによって測れるはずだ。現に我々は交通事故ので亡くなって命を、裁判で賠償金という形で年がら年中測っているではないか。

時間と生命と付加価値、そしてその目盛りであるお金は、すべて等価だというのがこの記事の結論だ。それらをまとめて、ソラリスと呼ぼう。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/14(日) 01:12:18|
  2. AVマニアから見る世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。