超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼくが愛して止まないThe Simpsons Season1-2



Season 1
オープンニングでBart飛びすぎ。笑 オープンニングの落ちはべた過ぎてサザエさんみたい。
人物の性格が今の放送と全然違う。Homerはアホじゃないし、普通の労働者がちょっと怒りっぽいだけ。Mr.Burnsも普通の鷹。Barneyはloserじゃないし、Margeはぜんぜんしっかりしていないおばさん。ほかの人物もみんな普通で、個性がまたCurvetされていない。シナリオもくさいドラマっぽい。
Episode4くらいからすこし人物の性格に味が出て来る。Itchy & Scratchy Showも初登場。もろTom & Jerryを意識した構図だ。笑 うすうす気付いてたがなんでいままで気付かなかっただろう。トム・アンド・ジェリーも大好き。

Episode 8でChief WiggumとAbu, Krasty the Crownが初登場

ずいぶんといいかげんに企画がスタートしたアニメである。ファンとしては進化をぜひみておく必要があるので、そういう意味でSeason1はおすすめ。




Season 2

Homerが発毛剤でふさふさになって昇進する話。髪型がどんどん格好よくなっていくところはアニメーターの技量に唸る。馬子にも衣装だね。Mr.Burnsは102歳じゃなくて81歳だった!

このシーズンの脚本はさらに真面目になった。テーマはひたすらFamilyであった。Homerはずっと自分の家庭は失敗だったのではないかと懸念しつづけたが、結局いつもそうではないという結果だと証明される。
ま、そんなに悪くもないが、みてて疲れる。

このごろまだGrandpa Simpsonはボケておらず、Homerも普通に親孝行している。ここからもっとHilariousになっていくことに期待。

EP 10  BartがBurnsの車にはねられる。2大インチキプロフェッショナル弁護士Lionel Huts と Dr. Nick Rivieraが初登場。笑

シーズン2は全体的にSnobishでSeriousだと思う。Familyがテーマになっているのがもろで、あまりたくさん笑えない。



  1. 2005/09/19(月) 02:31:02|
  2. 見た本、映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<帰納と演繹と天才 | ホーム | テストが終わってからの生活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/117-6c940d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。