超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テスト前に観た映画

Johny English
  Mr.Beanの人がスパイになっておばかを繰り広げるお馬鹿映画です。はっきりいってD級です。
 どんなにへぼくても、映画は楽しませてくれるということを分からせてくれるという点では、いい作品といえます。

Breakfast at Tiffany’s
 オードリー・ヘップバーン主演の名作、日本語字幕で鑑賞。
  前半は台詞の一言一言が文学的すぎて、理解しにくく、意味深だ。シーンの挙動も不自然のところが少なからずあり、構\図へのこだわりから原作小説の難解さが窺える。以上すべて誉めことばのつもりで言っている。近いうちに原作を読みたいものだ。
  オードリ演じる女性ホーリは、我々の周りにも、概している素敵な存在だ。傑出して、抜群に美しくて、気まぐれで、何を考えているのかが分からない人だ。そんな予\測しがたい天気のような性格も、カリスマティックなまでの魅力の前では、少しもマイナスに作用したりはしない。むしろ我々はただただ心惹かれて、魅せられてゆくのみ。
  森鴎外は小説の中で「詩人というは己がそれになろうと企てるものではなく、生まれるものだ」と引用したことがあるが、まさに天賦の素質こそが、我々一般人が心酔して止まないものだろうか。
  しかしせつなくなる点もある。おれには、大都会で紅顔稼業をして生きるホーリ(フレッド)の気持ち、或いは辛さはわからない。しょせん大多数の人間は凡庸なるサリエリであって、モーツァルトではない。したがって最大限想像して見たところで、心細そう、というくらいにしか分からない。共感、シンパシーはない。
  でも、その・・・・あーーことばにならないな・・・
  「おれたちは、どうすりゃいいんだ!?」という嫉妬にも似た不平は依然として残る。
  せいぜいがんばってスーパーネズミになるしかないなあ。
  OK. That’s a deal.

Shall We Dance
  ハリウッド版。淡白。オリジナルの方がよかった。

インファナル・アフェア-終極無間
北京語なのに、前作見たのに、理解しかねた・・・・・楽しくない。

ハリーポッター アズカバンの囚人
II decided to endow thee the 14th SUPER DUMBEST MOVIE
AWARD ! Wahoo!
 手抜き?って思うほど粗末。製作者側はうまく入り組んだシナリオにしたというつもりだろうけどぜんぜんおもしろくない。
 結局シリウスブラックはなぜハリーを殺そうとしたの?それともネズミを?三流サスペンス並みのストーリラインの割にスリルはない。前二作ほどのファンタジーもない。よってなにもない。ここまでひどいと鑑賞した夜の自分の精神状態が悪かったのではないかと疑ってくるほど。裏切られた・・・
  あ、でもよく考えたら前二作もすきじゃなかったな、あんまり。

・Mr.3000

生涯三千本ヒットの偉業を打ち立てたしたある野球選手が、自らの功績を鼻にかけ、いろんなビジネスにMr.3000の名を冠して展開し大もうけするその矢先に、実はヒットは2997本だっと判明した・・・・・
  素直に楽しめる映画で、おもしろいです。王道的に感動させてくれます。
 
主人公が反省し始めたとき、鑑賞しているあなたも、はっとわが身を顧みるかもしれません。
 自己中とはなにか、おもいやりとはなにかを考えさせる深い映画でもあります。

 

  1. 2005/03/14(月) 18:19:40|
  2. 見た本、映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 3月14日 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/14-81e7a2c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。