超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東アジア経済と日本の国家戦略という授

 この授業は印象的だった。正直、財務官僚をなめていた。中村徳太郎という人が講演に来ていて、内容は日本をどう改革するか。

今の日本という国のやばさは国民みんなそれぞれ多かれ少なかれ気が付いていることだが、この人は見事にそれをまとめ、そして見事に良さそうな解決策を打ち出してい
る。

 その改革の新しさ、バッサリさは、それまで抱いていた財務官僚とは程遠い。やばい熱いじゅぎょうとなった。

 興味のある人はhttp://www.e.u-tokyo.ac.jp/~amatsui/nakai2005.htmlにある第一回分科会資料を見てみるといい。

 
u人口減少と経済の成熟化     
u少子高齢化と社会の個人化      
u地球環境制約(食料/資源)   

課題の背景にある構造
●財政危機
●閉塞感 少子高齢化
       社会保障不安
●崩壊   コミュニティー
       安全神話
といった問題を、見事に財、官、政同時改革で片付けている。副題の -「株式会社日本」の経営再建と国民によるガバナンスー も明快で気持ちいい。実現性はともかくBlueprintとしてはすごくイイ感じ。俺が日ごろちょろっと考えるレベルを遥かに超えている。

朝バイクで登校し、都市経済をこなす。昼はエガミ君と例のES添削会の構想をしゃべりながらカップめんをすする。

それからスタバの一個東大寄り(ここは本当に見つかりにくい)のビルの五階の進路資料室に行って、P&Gのセミナーに行ってきた。社員さんはしゃべり上手で、いい感じ。やたらと人材を育てる会社であると強調していて、自社をよく言いすぎのところを除けば、完璧だろう。いずれにしろいい会社っぽい。学生側からすれば、ケーススタディは良くできている。資料を持ち帰りたかったくらい。やっぱあれを30分でやっ
て魅せるのは・・・・

で、数学に出て、上の授業に出て、

夜はJobweb佐藤さんの少人数セミナーに参加。法学部のゼミ室で20名でやるのだが、カミヤ主催ということで3日前に定員にねじ込んでもらった。
それにしてもカミヤは本当に成長したと思う。男子一年会わざれば括目してみよ、ってところか。懇親会にまで行き、いろいろな人にあって話す。結局奢ってくれたので1500円で済み、Jobweb様様である。

 今週は結局月曜日にゼミのみで、火、水、木、金に人と会って話す・・・・
なにやってだろね~おれ
  1. 2005/10/21(金) 03:48:02|
  2. 生活記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2.人間の目は何万画素か  ~CDとDVDの容量のお話~ | ホーム | お金と人脈は集中するものですね~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/169-578d034b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。