超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エイジ・オブ・アクセス

 就活関係一色でキモくなってきたので、他のことを書いてみる。
 
 私事だが、最近ガスファンヒーターと加湿器を買った。二つあわせると、ちょっとした出費になった。

 買うに至った経緯を話そう。
 今住んでいる部屋というのは一人暮らしにしてまあまあ広いが、さすがに脱衣所はついていない。なので冬になって、毎朝シャワーを浴びて出て来ると、台所で凍え死ぬ。エアコンは一応あるが、夏にハイスコア9200円をたたき出して以来あまり使う気がしない。灯油交換も面倒でやってられないから、ストーブという選択肢はなしだ。

 そこで、ガススファンヒーターである。これは温まるのが早いし、臭くない。補給もいらない。

 しかし問題があって、燃焼系暖房なわけだから、もともと乾燥してる冬の空気をさらに乾燥させる。だから加湿器も買った。

 ここからが面倒であった。ガスホース、電源延長コードの入手、置き場所、・・・・・二つに機器の設置はほかにさらに多くの手間を要した。おまけに、説明書にはフィルター交換がどうのとか書いてあるし・・・・するわけないだろうはげ!

 折りしもちょうど、部屋の電球が二つ同時にキレ、歯ブラシとシャンプーの在庫がなくなり、ベランダの洗濯干しが劣化してぽろぽろ脱落した・・・

 ドンキー・ホーテと、ビックカメラを歩き回る羽目になった。時間がかかった。

 いつも思うのだが、一人暮らしの人間というのは自分自身をkeep aliveするのに、多大な資源を割いている。それはそれでFundamentalであり不可欠なことであるが、かならずしもというか少しもImportantではない。

 もっと他にしなればいけないことが山ほどあるときに、どうして家事など気にしていられようか!心からの叫びである。

 ぼくは瑣事がきらいだ。洗濯も、洗濯物を干すのも、取り込むのも、掃除も嫌いだ。(部屋はきれいだ)。 自炊はある時期を境に完全にやめた。服もなるべくクリーニングに移行してるが経済的にキツイし、いかんせん下着は洗う以外ない。

 考えみると、自分が本当に理想だとする部屋は、ベッドと、ノートブックPCと、本棚の三点のみから構成される。必要なのはそれだけだ。しかし実際には必要なもの以上に多くの物を抱え込まなければいけない。生きていくために。

ストーブも加湿器も本当はいらない。必要なのは「適温」という機能だ。冷蔵庫もスプーンも皿も米びつも洗剤もいらない。必要なのは「食事をたべる」ことだ。洗濯機も必要ない・・・必要なのは「きれいな服」という機能だ。カギを無くさないように気をつけながら持ち歩く必要なんてない。必要なのは「本人認証」という機能だ!
 
 物の管理が面倒くさいと思ったことはないだろうか?僕はいつもそう思ってきた。できることなら、なんら「所有」せずに、「機能」だけを手に入れたい。

 そんなことが可能かって?ホテル暮らしを想像してみなさい。あるいはアメリカの大統領を。ドラマの中で大統領は財布なんて持たない。


 財布に関しては、過激に言ってみる。いったいぜんたい財布というものがどうして存在することが必要なのか?お金、会員権、身分証明・・・・・これほど形而上的なものもないくせに、それぞれがいちいちプラスチックなり紙なりに宿ろうとするものだから、管理が面倒くさいし紛失というリスクが常に付きまとう。物質に依存するにしても、せめてSuica一枚にみんなで住めば良いのに
 
  本当に必要なのは、クリエイティブなことに集中する自分と、その自分をkeep aliveする機能だ。後者は外注した方がいい。
  




 題名は、高校の時に借りてとうとう読まずに返却した本だ。
要約にはこんなことが書いてあった

「これからの時代は、所有することがだんだん廃れ、そのかわりみんな機能にアクセスする対価を支払うようになるだろう。つまり、車を買うのではなくタクシーに乗るというようなことが、社会のあらゆる局面において起こるのだ。」

 モノの所有はもはや面倒だ。本当に必要なのは機能。

エイジ・オブ・アクセスが、どれだけ早くやってくるのだろうか?

 
 

 
  1. 2005/11/05(土) 21:15:25|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<日曜日のメモ | ホーム | リクルート遅刻&ドイツ証券の説明会>>

コメント

しかしながら、機能が本当に個人にとって都合のよいものでない限りは、
やはり機能を果たす為のアイテムを欲する個人が現れるわけで、
そういう点から見ると、
エイジ・オブ・アクセスの到来というのは、
ある意味で大量消費時代の復興を意味するのかもしれません。

画一化された時代≒エイジ・オブ・アクセスとならなければいいな、と、
この文章を読んで何となく思いました。
  1. 2005/11/06(日) 01:11:46 |
  2. URL |
  3. oyakata #8soljQnI
  4. [ 編集 ]

そうですねー、おっしゃるように所有欲自体は、いつの時代になってもなくならないでしょうねー。  

 僕はたまに、攻殻機動隊の中のように、自分の身体もメンテナンスフリーにならないかなーて思います。笑 
  1. 2005/11/06(日) 16:27:05 |
  2. URL |
  3. 超旅行人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/180-01ef08f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビックカメラの裏技

突然のTB恐縮です。ビックカメラマニアから裏テクニックを伝授します。見ても損はないので是非ご覧下さい。
  1. 2005/11/06(日) 11:37:38 |
  2. 帝国ホテルの宝石屋さん日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。