超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

題なし

綱渡りのような心境ですが、いまのところ落ちてません。

後半も気を抜かずに行きたい。一回一回を大事に。

ハッと思った。「自分は企業と対等の立場にある」というのはよく言ったものだ。


面接と言うのはマッチングの最たるもので、お互い選びあうプロセスだ。しかし綱渡りのような精神状態の時、ややもすると選ばれたいがために、下手でたり、自分を作ったりする。それは緊張にもつながるうえ誰にとってもよくないことだ。
 誠実が一番強力なのに、媚びたり、Integrityを失ったりのはあほだろう。もちろん全力で思考し、一番良い状態の自分を提示するべきだ。相手に合わせることはないが、相手のニーズも考える必要がある。

 中国語でいうところの八文字がある

我不欺他 我不怕他

書き下すと 「我、彼を欺かず、我、彼を恐れず」

処世の原則となりうる名言だと思う。


自分はもうすこししゃべり方を力を抜いて、声をあまり低くしすぎずににはっきりと発音し、すらすら言うようにするべきだなと思いました。

午後にフラッとUBS証券ののファームワイドセミナーに行きました。イチノセと二人でタクシー。運転手さんボケボケ。なんと道が分からないという。
 会場はサンケイビルの大ホールで、食べ物がめちゃくちゃ豪華でした。社員さんもたくさん来てました。とりあえず初め、中間、終了時、の三回に分けてたらふく詰め込んで、その間に聞きたい質問(ややテクニカル的なものも含め)を聞いた。食べたり聞いたりと、満足しました。

 思うにこういうパーティをやってくれるのは本当にあり難いことですね~。学生は得るもの満杯って感じでいいんですが、会社側ははたして採算が採れるのでしょうか。笑

 まあ、ホールセール証券にしてみりゃこんなパーティのコストなんて誤差範囲かもしれませんね。

 ところでここの会社はSwiss Bank of International? Finaceが 米国のデリバティブハウスの Occonan?つづり不明を買収し、さらに英国の Warburg(コーポレートファイナンスに強い)を買収し、さらにUBS(規模がでかい)と合併してできたらしいです。聞いた話。

 今日はここまで、明日は大事な面接があります。
  1. 2006/01/18(水) 22:45:36|
  2. 就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Under Pressure | ホーム | 無題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/213-d499b958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。