超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なぜ性器は股間にあるのか 非対称性1

まず最初に、私は奇抜なアイディアを思いついてはみんな披露したがる癖があることをお断りしたい。時にはアイディアが奇抜すぎて、不快感を覚える人もいるかもしれませんが、仕方ない。

さて、

なぜ性器は股間にあるのかという問題を考えてみたい。

なぜ指先や口ではなく、股間に位置するのか。

なぜ右ひざのあたりにないのか。ひざをすり合わせてみるのも結構気持ちいいんじゃないか。変態。

いや真面目に、たとえもし性器が指先にあれば、ETみたいにタッチ一発で受精完了できそうだ。これは生物学的にみて効率的なんじゃない。股間なんて面倒くさい。

口腔はさらに好条件である。常時湿っている粘膜があり、外気に晒すことも、閉じて保護することも容易にできる。ボディに近く、精管やら卵管やらを通すのも簡単そうだ。性器が口腔に位置しない理由はひとつもないんじゃないか。

そもそも性器が排泄器官といっしょに股間にあるという現状は、衛生・疫病の面からみていかがなものか。まだ食物を取り入れる口といっしょにした方が,ましなのではないか。


 以上いろんな疑問点がある。にもかかわらず現状として、ホモ・サピエンス・サピエンスを含めあらゆる哺乳類の性器は股間にあり、排泄器官の近くにある(はずだ)。 さらに四肢のない魚類でさえ、大体股間に相当する位置にあるのだから驚きだ。いずれにしろ、何年もSurviveして来た種たちの選択だから、これはきっと間違のない、いい選択なのだろう。

この話題は打ち切りにして、頭を切り替えよう。

 ここまでの話で何をいいたいか。「すべてを疑」ということだ。「なにごとも常識ではない」と言いかえてもいい。

 さおだけ屋がなぜつぶれないかは、むろん不可思議だが
 生物がみんなして性器を股間に置くのは、同じくらいに不可思議だと思う。プールの水面の一箇所だけが盛り上がっているくらい不思議な現象だ。
 数学っぽく言えば、本来のあらゆる事象は対称的であるはずで、対称こそが自然な姿である。性器がなぜだかみんなして、体の真ん中下よりの前側に付いているのなら、それは特異点であり、特異点の存在にはかならず理由がある。その理由が何なのかを考える必要がある。そもそも現状(特異点のありかた)を当たり前と感じていると、「考える」ことすらスタートしない。個人的に、この特異点=非対称=不自然さに気づくことが、観察するうえで非常大事だと思う。

 繰り返すと、世の中の現状(特異点が存在する仕方)をあたりまえだと思うと、思考力はまったく伸びない。考えるきっかけさえ生まれない。「おまえソレ本当に正しいのか?それが本当に最適化された状態なのか?」と疑ってみることが重要だ。


 大前研一の著 質問する力 の主旨がほぼこういうことだ。

 コンサルタントどもがよく使う「ゼロ・ベースで考えてみよう」と言うのも同じことではないか。

 ゴールドマン・サックス証券の面接で、「テレビ画面はなぜ四角なのか」と訊かれた。いい質問だと思う。確かテレビ画面が四角である必要は全くない。人間の視界は必ずしも四角ではない。楕円形のスクリーンがほしいところだ。

 ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?」という本のなかにある有名問題「マンホールの蓋はなぜ丸いのか」も全く同じだ。

なぜ現状はそうなっているか?



 結局、大抵の場合、現状は正しい。しかし時間の経過は現状の正しさをいとも簡単に変えてしまう。どうすれば新しい最適点が見つかるのか?とりあえず疑ってみないことには、そもそもなにも発見できない。
 現状のなりたちを考えないことには理解もできない。ましてや新しい最適点の発見につながったりはしない。新しい最適点は貴重で、革命であり、ビジネスチャンスでもある。

 現実世界は非対称だらけだ。たとえば、
 
 なぜ性別は三種類や一種類じゃなくて二種類なのか。
 なぜ指は11本じゃなくて10本なのか
 
など。

さらに、複雑な事象にも不自然は遍在する。


 なぜ医学部と歯学部は分かれているのか。
 
 なぜ石原裕次郎はただのデブオヤジなのに、国民的人気が 略。
 
 なぜ埼玉の駅前には必ずコンビニがあり、都心になると逆にないのか。

 なぜカーリングはオリンピック競技種目になっているか。ほかの種目に比べて動きが著しく必然性を欠くのではないか。

古典的なところでは
 なぜ二輪車は進行していると倒れないのか。
 なぜ鏡は左右反転すれど上下そのままなのか。
 なぜりんごは上や横にではなくて、下に落ちるのか。

 とにかく一番最後のを疑った奴はやっぱすごいと思う。「だって下に落ちるのは当たり前じゃん」が普通。冷静に考えれば非対称的で不自然だけど、その不自然さに最初に気付いて、しかもとことん考えぬいた奴はスゴイ。

 ここまで来るとなんだか言い古されたことばかり感が強くなってきて、この文章の存在価値が薄まったような気がするが。笑

 なので、二点強調しよう

1.観察における判断の基準は対称性。 特異点=非対称=不自然のあり方が、本当に最適かつ必然かどうかを考えるべし。
2.「とにかく現状を疑いまくれ」、「なぜ性器は股間にあるのか」を疑うくらい懐疑的になれ!

と唱えて、この章を結ぶ。

 PS.友人のハマーといっちと☆のさん、もし読んでいたら生物学的、医学的見地から本章の題に関して、コメントしてくれたまえ。力の限り頼む。
 また、他のコメントも歓迎する。
  1. 2006/03/07(火) 12:39:36|
  2. 就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<ラップトップPCを買うなら | ホーム | ごぶさたしておりました。>>

コメント

初めまして。生物学を専攻している院生です。ときどき拝読しています。内定おめでとうございます。
答えを提供するわけではないので恐縮ですが、考え方や視点が深まればと思い、気が付いた点をコメントさせていただきます。

「なぜ性別は三種類や一種類じゃなくて二種類なのか。」→三種類の生物種の存在は失念しましたが、少なくとも一種類の生物種(雌雄同体)もいます。配偶子が何種類あるのが最適か(雌雄同体と雌雄異体のどちらが優れた生殖戦略か)は、置かれている環境次第で変わってきます。

「なぜ性器は股間にあるのか」→進化上は、生殖器の方が四肢よりもはるかに先輩です。「なぜ僕らの足は性器をはさんでいるのか」と再定義した方がクレイジーかもしれませんね。
  1. 2006/03/07(火) 23:55:44 |
  2. URL |
  3. T #-
  4. [ 編集 ]

「なぜ性器は股間にあるのか」
雄のモノにせよ雌のモノにせよ、あんなグロテスクなものが目に入りやすいところについていたら見るたび萎えるからじゃん? 笑
顔にあれば他人の目に付きやすいし、手にあれば自分の目に付きやすい。
でも雄は他人の目に入れて強さをアピールする必要があるから雌よりは前にあるんじゃない?
そんで雌は雄の征服欲を掻き立てるために奥まったところにあるのよ 笑

雄はともかく、とくに雌は自分からは最も見えづらい場所にあるよね。
真正面から直視したかったらヨガのようなポーズをとるっきゃない 笑
  1. 2006/03/10(金) 11:46:15 |
  2. URL |
  3. まる #-
  4. [ 編集 ]

NYのホテルのページが全くみつからん。どこ??
  1. 2006/03/11(土) 03:34:13 |
  2. URL |
  3. ayabe #-
  4. [ 編集 ]

>あやべ
超旅行記 で検索し下さい。

>まる
心理の視点からバッサリ説明してくれてありがとう。至極もっともな気がして、なんだか疑った俺がバカみたいな気がしてきた!でもさあ、性器の位置はもっと昔に決まっていたはず! 笑 心情とか征服欲とか生まれる前段階にさ、 上でTさんも言及してるけど
 
 にしてもヨガかよ! 笑


>Tさん
 考える手がかりをありがとう。

 なるほど、性器のほうが両足より先にありそうですね。進化の過程を考えると、いろんなことが不思議な気がします。
 クレイジーじゃなくてクレバーですよね?笑
  1. 2006/03/11(土) 15:38:08 |
  2. URL |
  3. 超旅行人 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ナイス・ビュー・ポイント!
わきの下とはすばらしい!左右のどっちに置こうか?

ところでゼミのゆうたろうではないですよね?彼はもう経済学部のはず。
  1. 2006/03/18(土) 01:22:13 |
  2. URL |
  3. 超旅行人 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/229-ecf15cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。