超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ごぶさたしておりました。

ご無沙汰しておりました。

最近よく人生について考えます。
人生で本当に価値あるものはなんだろうか。
なんのために生きているのだろうか。

真、善、美・・・・



真  そんなもん誰が知るか!  笑

善  あるわけないだろうぼけ 苦笑

美  うん、確かに、美は存在する。

という結論。
結局美がそこあるからこそ、我々はこのアホみたいに不幸せになりがちな人生も生きていけるのかもしれない。^-^


内定が決まってからもあれこれと忙しかったです。笑
気が抜けて、徹夜でゲームしたり、あちこちの集会に顔だしたりしてたのはもちろん、いろいろ事後策が昼間にもあった。


これから空前絶後に暇な一ヶ月を迎え、その後には自由な一年間が控えているので、していきたいことをここに書こう。

1.スポーツ観戦
 野球も、サッカーも、実は観戦したことはない。サッカーに関しては、むかし鴻巣市立陸上競技場の周りを夜ジョギングしたとき、地元チームかなんかの試合が行われているのをチラッと見たことがある。暗い周囲のなかにあってライトアップされたサッカー場の青々とした芝生と、観客のどよめきと、ループを描いて飛ぶセンタリングを走りながら目にして妙に興奮したものだ。あれ以来ずっと見たいと思っていたが、大学三年間たいしたこともやらなかったくせについに観戦にいたらなかった。

 というよりかはいっしょに見に行く人がいなかったんだろうね。苦笑

 この際、ボクシングや相撲も見に行きたい。プロレスはたぶん興味ない。競馬もエキサイティングで良さそうだね。

2.勉強 筋トレ
 とりあえず数学をちゃんとピックアップしたい。ファイナンスは、内定先と相談しながらなにをやるかを決めよう。


3.旅行
 月並みだがこれも行くね。どこまでいけるんだか。

4.執筆
 このブログのことだ。笑 半年間人生やらこの世界やらについてあれこれ想いつづけて、想いつづけたがついにあまり書くことができなかった。これからすこしずつ文字にして残していきたい。

5.読書
 手近なところでは、大半ほど読んだThe Da Vinci Codeを再開しようと思う。意外なもので、数ヶ月空いても、内容をそれなりに覚えていて、読みつづけられるもんだな。
たまりにたまった本百冊、読書は学生の間でなくとも、いつでもできるというなれど、読まずに積んでおくわけにはいかぬ。

6.テーマ調査
 疑問に思っているテーマがいくつかあって、それについて調べたい。

・長期信用銀行と興銀はいったいなんだったのか。そもそも銀行は何だ。
・テレコム業界、日米で大きくて再編やらなんやらといえばテレコム業界。NTTやAT&T、民営化やら子ベルやらの変遷と理由
・日本現代史の調査、NHKの山田風太郎の特集に沿って見てみたい。日本という国をちゃんと知らないとな。



7.為替証拠金取引
 株はあまりやる気がしないので、どっかから金を借りて為替で運用してみたいね。無利息で借りられると言えば母親か・・無利息奨学金?笑 あくどいね





 今日ハンズからあたらしい本棚が届いて、買った本やDVDどもの整理にとりかかる。明後日あたり新しいノートパソコンが届く。うふ☆ 考えてみれば、就活中にAmazonで買い物をし続けたのはほしいからやためになりそうだったからじゃない。ストレス発散のために買い物をしていたんだ。


近日中に以下のテーマについて書く



性的魅力と権力の兌換性

デンソー 中国、米国

信号機とエレベーターの最適化

それは本当であり、また嘘である。

Look at this world carefully.
And think about it.
Think how it works.
Then you you'll see everything is just the same.


  1. 2006/03/05(日) 14:57:03|
  2. 就活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<なぜ性器は股間にあるのか 非対称性1 | ホーム | Done.>>

コメント

おはようございます。私も学生で超旅行人さんのたぶん一つ下です。

何のためにいきてるのだろう?

それは新しい世界を見るため、だと思う。
真善美ももちろんそうですが、それ以外にも誤悪醜も見てみたいという欲求があるのでは。
例えば、人間は臭いものを避けようとするが、臭いと蓋をした瞬間もう一度蓋を取って匂ってみたいという好奇心も生まれるわけで。社会通念上は真善美との建前ですが実はその裏にこそ真実が存在するような。

今まで見たことのなかった世界を垣間見る瞬間の喜び(喜びは失敗したり挫折したりした時も含む)、「おぉー」という瞬間、この一瞬の快楽を得る為に生きているのでは。
  1. 2006/03/07(火) 10:03:47 |
  2. URL |
  3. j #-
  4. [ 編集 ]

iさんが言うように、怖いものみたさというか、好奇心というのはあると思いますねー。まったくの正論です。


しかし人生では、時には心が折れてしまいそうな、もう目覚めたくないと思う時期はだれにもあるはずです。それでも我々が生き続けるのは、やはりなにかを期待してるのでは、と思うのです。それが美だと言いたかったのです。 存在するかどうかもわからない真実や、独善でしかありえない正義ではなく、美意識だと思うということです。

 さは言え、好奇心というのは本当に重要だと思います。これをかけたiさんはきっと賢い後輩に違いない。
  1. 2006/03/08(水) 02:19:52 |
  2. URL |
  3. 超旅行人 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/231-dd9d928e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。