超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりに書評を

西和彦の閃き 孫正義のバネ―日本の起業家(アントレプレナー)の光と影

西和彦の閃き 孫正義のバネ
面白さ 中 為になる 低
この世に三十冊くらい存在する孫正義伝記本の一つ。アスキーの創始者西和彦との対比という観点から書かれていて面白い。個人的に好き。著者の日本語レベルは非常に心もとない。「天衣無縫」と「人種差別」の使い方がおかしいのをはじめ、数々の言葉遣いや文体であたま悪さを感じさせている。よくこのまま活字になったものだ。
 しかし、ジャーナリスト根性は見上げたもので、長い間テクノロジーものを書いてきただけに、鋭く問題の本質に迫るその姿勢は立派だ。つまりねばり強さとしつこさが良い。

 全体的に他伝としては客観的で、批判的でもあり。良い。またあの80年代という時代のベンチャーの雰囲気を知るのにもよい。結論は個人的にけっこう好きだ!「社長失格」と読み比べると良い。



イマイと申します。―架空請求に挑む、執念の報道記録


イマイと申します。―架空請求に挑む
 面白さ 高   為になる 無  
 悪徳商法、詐欺当選ダイレクトメールの業者に数百回電話を掛け、しつこく迫る日本テレビ報道の今井氏。外国まで追いかけていき、「お宅は本当に違法じゃないんですか」と食いつく。はっきり言ってめちゃめちゃ面白いです。でも完全に暇つぶし本です。でもやはり読んでいて気持ちいいです。民憤を晴らすのは気持ちいですね。難しくないし、楽しめる本なので、ストレスがたまったときにでも。






或る夜の出来事
星三つ

 途中から気づいたが、やたらとダンディーな主演男優、これクラーク・ゲーブルなんだね。んー、若くてますます格好いい。でも昔の役者って脱ぐと筋肉が貧弱なんですね。ストーリはべたべたなラブ・コメディー?家出するお嬢さんが、みたいな。 どうしても見ておくほどじゃないけど、まあなかなか面白いですよ。





インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
星 二つ

 DVDが安かったので買ってみました。二回目の鑑賞ということもあり、あまり面白くない。世界観のというか行動で分からない部分もある。
 ただ問題の提起としては非常にいい映画だ。「いったいこの人生はなんのためにあるんだ」という疑問は、永遠の命を持つヴァンパイアーじゃなくても、気になるはずだ。
 つまるところ、What is this whole thing about? という疑問がわれわれ人間には付きまとうということ。それを考え抜くことなしには、生きる目標、行動する方向性は分からないね。人生に絶望した人はぜひみるべき映画。











スピン・シティ
評価 10

 えーと、これは映画ではなくドラマDVDです。これもNHKで放映されていたはず。でないと目にしてないもん。アマゾンで発見して思わずうれしく即買ってしまいました。
 NYC市長とその副官のマイケル・J・フォックスとのご一行が織り成す情況喜劇。市政なのか試製なのか 笑。マジ、キャラクターみんなのせりふの切り返しが最高です。特に市長の頭のよさには惚れ惚れ。このくらいユーモアのセンスがあったら世界中どの国でもやっていけます。 

 ホワイトハウス、アリーに並ぶおすすめDVDドラマの一つです。 しかも安いのでマジ買い! 
 そしてパーキンソン病のマイケルに幸あれ



「ファイアー・ウォール」

星三つ

試写会なので、アマゾンにはリンクできず。

前半はストレスがたまり、後半はすっきりする映画。最後のドッグファイトは典型的で◎。大過ない映画なので、結局星三つになりました。
  1. 2006/03/28(火) 04:59:19|
  2. 見た本、映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴールド・クレスト、シスコ・システムズ、新日鉄 | ホーム | 三菱重工、森トラスト、三菱電機ビジネスシステム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/236-91fa687d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。