超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はぁー

昨日は本郷まで行き、経済図書館で統計のレポを仕上げて提出 

到底理解し切れなかったため友人にメール等で助言を求めるも、結局問題の完成率は4分の1以下

教務課提出ボックス前に来て唖然、自分はなんとドラスティックな方法を見落としていたか!

悔しさに後ろ髪を引かれつつも自分の薄いレポを放り込み、ついでに窓口で経済学科を選択する書類を記入し学科選択の手続きをする。

本来なら12月には済んでいなければいけないらしい。

帰りに医科歯科大に寄り、前田先生宛ての手書きのメッセージを渡して希望を伝える。

夜は攻殻機動隊を見る。このアニメは絵も設定もシナリオも最高だ。

今日はスタジオ。もう話したくない。どうしようもないな

そのあと山水で一時間玉をつき、高田馬場駅前で古本市をやっていたので何冊か選ぶ。

そして、案の定一冊にはまってしまい、つい先刻完読。はーーー これでWEBサイトの更新と中国文学レポをやるという本来の予\定がくずれ甚大のダメージをこうむる。

 いつになったらこの衝動ぐせが治るのだろうか

ところで本は「医者が末期がん患者になってわかったこと」 岩田 隆信
 
 出だし「今から数ヶ月で、私は間違いなく脳死状態になる」で始まり強烈。

 内容は語り口調で、所々頭を傾げたくもなるが、総じて言うと、聖職としての医師ではなく、飾らない等身大の人間としての著者があらわれていてよかった。
 あと、白い巨塔がフィクションではないことをこの本の随所から確かめられた。

 ふうー、人間はいつになったら本に感銘を受けなくなるのだろうか?

 あさってから渡米するので、身辺整理を早くしないと。

 出発日までが旅行期間よりも短いようなプランを強行したのは、追い込まれた自分が一念発起して勉学に励むのではないかという期待があったからだが、今のところその兆しはまったく見られない。困ったものだ。

  1. 2005/02/02(水) 12:31:28|
  2. 生活記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京に着いた | ホーム | New York New York>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/24-da75c198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。