超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図書館で

 一日中駒場図書館で勉強してた(うそ、13時到着)のに、知り合いの誰にも会わなかった。
 昔なら、パソ\\\コンブースを見渡すだけで、必ずや知ってる顔を五、六人は見つけ、そのうち一人や二人に会釈したり、近づいて会話したりしたものだ。

ところが今は知らない顔だらけだ。ていうかみんな若い。
考えてみれば、自分や同世代人たちはもう駒場から絶滅する時期に来ている。だから図書館にいないのも当然だろう。いやそれとも、単にみんなの試験期間がずれているだけなのか?前者だと思うと、かなりさびしい。
 
 同世代人といえば、少し前に、立花 隆 著「同世代を撃つ」というのを馬場の古本市で見かけて以来気にかかっていた。古本のくせに400円もしたので買わなかったのだが。今日、勉強の合間に(うそ、しょっぱなから)OPACで検索したらなんと同書が三階に収蔵されているではないか!
 立花 隆には以前より好感を抱かなかった。「智の巨人」とか称されている割にはモップヘアーだし推定体脂肪率35%だし話し方がややキモいしで、いいとこなしだとさえ思っていた。ところが今考えてみると、この人の著作は共産党研究や田中角栄裁判から、複雑系、猿にまでわたり、文字通り人文社会、自然生命を網羅している。
 その内容の深きや浅きは読まんことには知らんが(読んでも知らんかもしれん)、いずれにしたって、たいした頭だ。

 基礎統計ごときで四苦八苦しているおれ様とは大違い。

 
 10時までねばろうと思ったのに5時で閉館され、しょんぼりしながら帰途に着く。
 ビックカメラで関数電卓を購入。これがないと試験は戦えない。
 前から理系のやつらがちらつかせていたのをうらやましく横から見ていたので、買ってちょっぴりうれしい。

 さて、勝負はいまから寝るまで。

  1. 2005/02/11(金) 19:32:31|
  2. 生活記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<学習というものは | ホーム | 旅の代償は大きい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/27-1a32d02a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。