超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大学四年の夏休みを省みて 二

 前回は脈絡なく書いたが、一言でいうと「ひきこもりは良くない」という意味だ。それが主旨。

 今回も思うままに書く。
 今年の夏休みを楽観的に評価しようとすると、まあネタもないことはない。まず大学の定期試験を上々にこなし、卒業をほぼ確実のものとしたこと。そして自動車の免許を取りにいき、これも獲得することが確定したこと。この二点が、さしずめ今年夏の達成だ。学校の試験だが、今学期は15コマ30単位を履修した。成績の獲得には七月から本当に苦心した。思い出せば7月下旬のゼミ合宿のとき夜中寝ずにレポートを書き続け、帰路などは中央道を走る高速バスのなかで揺れと戦いながらレポートを書いていた。酔いで相当気持ちが悪かったが、家に帰っても書き続け、その日の夜11時59分に送信ボタンを押したときは感慨ひとしおであった。9月1日から始まり11日まで断続的に続いた期末試験も、当初脳内で自らに向かい豪語していたほど準備はできなかったが、根幹部分を一通り復習し、始めて徒手空拳ではない状態で戦場に立つことができた。結果はこうだ。観光論という科目を放棄し、他の14科目28単位を受けて、すべて優の可能性が残された状態(というか俺は全部優とったつもりだ!)で9月を折り返すことができた。大学入学以来7度目の定期試験にして、初の快挙である。
 してみれば、免許合宿に2週間、試験とその準備に三週間かかっていたことになる。夏休みに入った7月21から今日まで計9週間あったが、実質的な可処分時間は4週間、試験の前後にそれぞれ連続して二週間あったことになる。・・・・・・・・やっぱどっかにいくか、なにかすりゃよかったー。ちきしょうー、自分のバカヤロー
 この夏が楽しかったかというと、まったく楽しくなかった。ヨチが企画していたオーストラリア旅行が企画倒れになり、どこにも行けなかった。じゃあ、と思ってパソコン環境の整備に手をつけたら、パソコン地獄にはまった。秋葉で1万円で中古のIBM Net Vistaをファイルサーバーとして購入したが、HDDの配置換え、OSの導入からネットワークの設定までトラブルが多発し、今一度手間取った。そして信じられないことだが、うちの環境はいまだネットワークに未解決の問題を一つ残している。もうあきらめた。久しぶりに帰った実家のパソコン環境の再整備も含め数十時間もかかってしまった。パソコンは本当にひどい。もっと使いやすくなるべきだと実感した。
パソコンを片付けると今度は映画アニメドラマ鑑賞のるつぼにはまった。これは前述したとおりのありさまだ。ゲームも三国無双をやりつくして、ゲームボーイのマジコンを取り出して再びやってみたりた。FFタクティクスは面白いが、途中でセーブデータが消えたときはむしろホッとした。そういえばいま、NDSL用にSuper Card SDなるものが台湾だか中国のメーカーから売られているようだ。なんでもSDメモリーカードにゲームを何本も詰めて、Nitendo DSでプレイできるらしい。SDカードに入れ動画ファイルもDSで見れるという。この手のグッズは本当に興味を惹かれるが、買うのは止そう。二年生の冬に講堂でGBA遊んでいたあのときの人生のスランプ(というかスリップ)には戻りたくないので、さすがに購入は止そう。11月のPS3も、購入しないことを決めておこう。

いま一番怖いのが卒論だ。これまでの経験から、この種の締め切りはあるがゴールはない作業で地獄を見るのは間違いない。なのに、今から準備し始めることができない自分がいるのは、今から戦の準備を始めてもこの戦に勝つことはできないとうすうす知っているからなのか。試験直前のあのなにも勉強できず、かといって楽しめず、いたずらに時間だけが過ぎていく気持ち悪い時代がすでに始まっているというのか。時々やるべきことをいっぺんにたくさん思い出して、恐ろしくなって冷や汗をかくことがある。大体出かける直前やシャワーを浴びた後頭が冴えたときだ。なんなのだろう、あの「しまったー」感は。まるで大事な約束をすっぽかしてしまったことに気づいた瞬間みたいだ。いや考えてみれば、「やらなきゃいけないこと」というのはそもそも過去の自分が未来の自分ととりかわした約束みたいなもので、それをすっぽかしてしまえば恐ろしくもなるだろう。正直、ゼミが始まるのが恐ろしい。新井ゼミも小林ゼミも。
  1. 2006/09/29(金) 02:13:06|
  2. 生活記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<群から抜きん出るということ | ホーム | 大学四年の夏休みを省みて 一>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/275-7d0c5528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。