超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Charles Chaplin 作品鑑賞記

Arm Shoulder
 1919年に製作された短編。チャップリンが従軍して、いろいろ面白い動きをする。多くのチャップリン作品に共通のことだが、この作品は常に面白いというよりところどころ面白い。たとえば突撃の時梯子を登るシーンとか、化けた木が人間に逆襲する瞬間とかは、間違いなく笑いの神が降臨するだろう。

漫画を書くことによって意思伝達し、あらゆる種類の記録、創作を文字ではなく漫画によって残すようになるかもしれない。漫画といえど、台詞なしじゃ無理なんじゃないかと思われるかもしれないが、チャップリンの初期の作品を思えばいい。伝えられるものは多かろう。

未完記事
  1. 2006/10/04(水) 20:02:19|
  2. 見た本、映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒澤明 作品鑑賞記 | ホーム | 追記:原チャリの免停についてのメモ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/278-006810f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。