超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このブログの今後の方針3 ~ウチワからの脱却・後編~

前編からのつづき

・このブログの読者の平均像

 まとめると、このブログの代表的な読者3人は、こういう人たちだ。一人目がほぼ俺の信者で、もうひとりが知り合い程度で、もう一人は知らない人だ。前者の信者(といっても過言ではないほど忠実な読者)は、ブラウザーのブックマークから毎日のように飛んできて、更新をしてねぇかな!?と期待しながらもほとんどの日はちぇっと舌打ちして帰って行く。笑。RSSの使い方を覚えよう。
 中者の知り合いは、ルートとしては、おれが所属する団体のウェブサイトのリンク(何カ所かある)、または他の知り合いのブログのリンクから時々飛んで来る。あともう一種類リンク元があるが、言わない。わかる人はわかる。
 最後の面識なき読者さんは時々ブックマークからダイレクトアクセスして来るし、時々検索エンジンから来る。検索エンジンから来たときは、内容が期待はずれだと感じ失望して帰って行くはずだ。笑。あなたはいったい誰でしょうか?もっと交流しましょう。
 んー、前者タイプはだれかな・・・個々人を思い出せば、久しぶりに会う度に、OOOさんブログはやく書いてくださいよ~とか、てかさおまえブログ更新してよとか、面白いよーとか言ってくれるおたんこなすは、けっこういる。名前で数えてみよう、えーと
T.Mだろ, K.Mだろ , それからC.L, K.H, O.Y,・・・・・あれ関係で3人いて、・・・関係で4人、あと・・・で2一人、まあざっと15人くらいかな。 彼らがほぼ毎日15ヒット、月で400ヒット、年間で5千ヒットくらいを作り出したことになる。中者の知り合いタイプは、人数が多いのでアクセス数のさらに多くの部分を説明する。後者の面識なき読者タイプはいまのところ少数派だ。 



・このブログに対する評価

 ところでちょっと話変わるけどさ、生まれてこの方俺は自分という人間を普通だと思って過ごしてきたのね。だが、振り返ってみれば友人・知り合いからの評価で一番多いのが「変」なんだよな。どうも俺は「変わっている人」らしい。評価で次に多いのは「怪しい」、三位は「態度がでかい」、四位は顔と他の身体的特徴に対するつっこみだ。
 まあ、いずれにしろ俺は「変人」という評価がぶっちぎりでトップだ。安部晋三の自民党総裁指名くらいな勢いだ。しかしなあ、この際だからいっぺんはっきり言わせてもらおう。俺は奇をてらって生きているつもりはないし(そんなバカいるかぁ!)、自分の行動を非合理的だと思ったこともない。「変」というのは全くの心外じゃボケ。未だにどこが変なのか理解に苦しむわ!
 で、本題に戻って、このブログに対する評価を思いだそう。久しぶりに会う度に、OOOさんブログはやく書いてくださいよ~ てかさ、ブログ更新してよ。面白いよー。と言ってくれていた15人のおたんこなすは、実はむっつりバージョンなすも含めると、20~30人は居るんじゃないか!?まあ、んで、面と向かって感想を言っくれたこの人たちの感想は、まるで打ち合わせたかのように、次の二つのどちらかだ。「面白い」か、「視点が面白い。」ふーん、これだけ聞くと、褒めてるようにも聞こなくないよね。てか褒めことばに聞こえるよね!!??

 すぐ上の俺という人間に対する評価とあわせて、考・え・て・み!
要は「変わっている」てことだろ! うルァー!この野郎、ダァー!!! おれの文章は「変わった視点」くらいの価値しかねーのかよ! え? 
 もっとましなものを見いだせないのかよ、小豚どもがっ、笑

 結論、作者の俺にとって非常に残念なことだが、現時点でこのブログは、内輪読者の呪縛からまったく抜けせていない。アクセス数の構成がそれを示している。

知り合いのみなさん。この際、はっきり言おう。

ありがとう。 だが、おまえらに用はない。

 いや見るなとか、恥ずかしいから見ないで☆とかいうことじゃない。いやそもそもそれはWEBじゃ不可能だ。だがおまえらが見てくれても、くれなくても俺はどっちでもいい。とにかく、このブログはな、知り合いに見てもらうことを目的に書いているんじゃないんだ。いやたしかにそういう寂しがり屋な時期もあった。んで今でも寂しいかもしれないが、ブログで知り合いどもに「ねーねー、こっち振り向いてよー」と言うほどかまってほしい子ちゃんじゃない。そういうなれあいは目指してねーつうか、そこまで落ちぶれていねーんだよ。だからさ、このブログの記事で、思わせぶりな題名をつけたことは一度もないだろ。思わせぶりな題名で読者を呼びよせといて、くそ文書を読ませるのは忍びない。主義に反する。だいだいこれは以前から言ってきたはずだ。おれは絶対読者にこびないぞ。貴様らにしっぽを振るものか。媚びるくらいなら死んでしまえー!!!

ふー、

何ギレだって?自分でも良くわからねーよ 苦笑

 このブログの主たる目的は、あくまでも俺の考えを世に問い、対話し、世の中に多少なりとも影響を与えることだ。そして願わくはその過程でおれ自身が批判され・感銘を受け・指導されることがあり、それによって軌道修正をし成長をすることである。俺は自分を「変」だと思ったことはないが、軌道修正は厭わないからな。
 そういうわけだから、知り合いどものチミたちが、え?めずらしがって、おもしろがって、え?筆名でも実名でも、作者にのみに表示でもいいからコメントの一つもしないで、え?会えば「視点が面白い」だとぉー!? 勝手にしやがれ。俺から君らに用はないわ。
 俺は、世間全体に対して書く。まだ大勢に関心を持ってもらえるような内容は書けないかもしれないけど、力の限り書く。この前ためしに書いた「時事コメント二点」なんて、もののみごとに滑ったが、そもそも自分が時事を評論するには力量が足りないことくらい察知しているが、それでもおれは、ピュブリックな方を目指して歩くからな!
  さらばだ、おたんこなすども。ドコモダケでオナニーでもしてろ。

ふーーーーー
やっとなんで自分キレてんのか分かった。けっこう前から、日記風にしろ評論文風にしろ、世間のだれに見られても良いように、普遍性を目指して戦々兢々と文章を書いてきたが、結局見てくれたのは知り合いばっかり。落胆だな。

 さあて、二つめのトピック.公人と私人とその間のブログ
に入りたいが、長すぎて疲れたし、ここは大学教授ばりに次回の授業に回すことにしよう。

  1. 2006/11/04(土) 21:54:15|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人間の柔軟性 | ホーム | このブログの今後の方針2 ~ウチワからの脱却・前編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/290-7a7727de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。