超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

書きかけメモいろいろ2

・小説家の脳はいったいどうなっているのだろうか。人の記憶力は、あきらかに数十バイト以上の文字を同時に覚えていられないのはずなのに、小説家と来たら、数百KB~数MBを吐き出してしまう。あたかもそれらの文字が最初からきちんと存在していたかのように。
 そらで同じ小説をもう一度書かせたら、どうなるだろうか。ファミリー・ガイで見たモルモン教の始祖、Joseph Smithが思い出される。



・人間のやることはいつになっても変わらない。
夏休みに実家で古いパソコンを調整したときのことだ。CPUの電圧もっと下げられるんじゃないかと思って、いろいろ試行錯誤した。(電圧が下がれば発熱も減り、冷却ファンが静かになる。) けど、どうやらもうすでに限界まで下がっていたようだった。埃被ったマザーボードのマニュアルを開くと、電圧ジャンパー・ピンの頁にメモがしてあって、全く同じチューニングを高三の年にしていたことが思い出された。あまりもの行動パターンの一致に、我ながら笑った。読者のなかにも、バイクや車の調整や、部屋の整理の仕方で同じ経験をしたことがある人が居るのではないだろうか。
 すこし唐突だけど、人間の行動には一貫性があるということを強調したい。たとえば、自己破産したり、夜逃げしたりした人の8割だか9割が、またもともとの職業に戻るということがある。(ナニワ金融道より。)餅屋は餅屋ということだろうか。他に例えば、昨今勉強してこなかったやつが、明日からいきなり改心して猛勉強する、といっても続くはずがないのだ。そういう意味で内申書とか、GPAといった長期間の傾向を測る指数は、その人間の真実を見る上で非常に参考になると思う。入学試験なんかより良い代理変数なんじゃないかな。
 株価や金利に無記憶性(Lack of memory)というのがあり「昨日の振る舞いは今日の振る舞いと関係がない」ていうが、それに比べ人間は実に記憶性というか一貫性が高い確率過程だと思う。




・狙撃銃にかんする疑問
スナイパー・ライフルっていうのあるじゃん。あれさあ、望遠スコープが銃身の上に付いてるよね。 そのスコープって銃身と平行なの? 平行じゃないの? 平行だとするとスコープを覗いて、狙撃対象の眉間を撃った時、実際は鼻に着弾したりしない? 数センチ間隔が開いた二本の平行線を考えてさあ。  もし銃身と平行ではなく一点に収束する(ずっと先の一点で交わる)だとするともっとまずい。200メートル先で収束するなら、300メートルのターゲットはねらえないじゃん。 細長い三角形の頂点は一点しかないからさ。 いったいどうなってんの?撃つ度に調整しているのかな。




・オシャレは自分のためにあらず、人のためにするものなり。されど、まわりまわって自分のためにあり。女であれ男であれ身だしなみというのは、外部経済がいつの間にかリターンを生んでいる好例だな。
 ある先生が言った「世の中ギブ・アンド・テイクなのよ~」がまた思い出される。

 



・どうせオタクやるなら感動的なくらいまで
「蹴りたい背中」という小説を先週、後輩から借りて読んだ。物語のなかに、蜷川というアイドルオタクの男子高校生が出てくるんだが、この子ある意味、カナリカッコウ良い! 雑誌や服は全部集めるわ、ラジオ番組は聞き逃さないわ、背中蹴られても気づかないわで・・・・対象のアイドルに関しちゃ直向きで、すごい集中力。あっぱれそのもので、その度を超したオタク行動は人を感動させさえする。
 翻って、パソコン・AVオタクの自分を考えると、スキルも、今の部屋にあるパソコンや音響・映像表示設備もまだまだ生ぬるいなあと感じる。もっと頭の中の青写真を突き進めて、見る者を絶句させるくらいにしてみたいと思う、この先。
 考えてみればオタクに限らず、人間一般という点からいっても、やっぱり一貫性というか、わかりやすさが一番重要な性質だと思う。この世の中は、情報の非対称性から生まれる悲劇が多すぎる。相手が何考えてるんだかわからないからだめなんだ。だからがゆえに、IntegrityとかCredibilityとかAccountabilityが声高に叫ばれているのだろう。
 日本語で誠実さというと曖昧だが、実はうえに紹介したオタク蜷川のように高コストの行動を一貫してとり続けて、自身から外界に対して明瞭なシグナルを送ることこそ、誠実さの定義となるべきではないか。軸がぶれないというのもつまるところ、わかりやすさだ。そして我々はふとした瞬間に、ある人間の一貫性を感じ取り、かの人を信頼し、愛するようになるのではないだろうか。
  1. 2006/11/30(木) 20:13:50|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<経済ジャーナルの権威・影響力ランキング | ホーム | 工業翻訳という因果な商売>>

コメント

そのうち、唸るようなお金を動かすようになりますよ。
でも、いくら儲けてもボーナスで返って来るのは微々たるものですが。
しょせん、サラリーマンですから。
  1. 2006/12/02(土) 13:02:43 |
  2. URL |
  3. 金融日記 #z8Ev11P6
  4. [ 編集 ]

コメント感謝。

またどういう風の吹き回しで。笑
  1. 2006/12/04(月) 04:25:25 |
  2. URL |
  3. 超旅行人 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/299-9d9cb62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。