超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近鑑賞記

・The Incredibles ストーリ設定がカラいのが○ CGカートゥーンによくある予\想できる展開とは違い、かなり現実味を帯びたシナリオがよかったです。映像はまあまあよいと思います。


・キャシャーン
見たのはかなり前になります。映像と音はすごく綺麗でした。FFぽかったです。ストーリ展開は意味がわかりにくく、はっきりいって苛立ちました。

大人数じゃなかったらDVDを早送りしていたと思います。しかし最後の5分に来てすごく感動させられました。火の鳥っぽかったです。エンディングについてはそのあと何日間も思い出していました。

・Amadeus こちらは名作といわれていたもの。友人の中でも見た者は多く、話してみたら議論になったりもしました。
 脳内に不朽の旋律を思い浮かべる天才はどんなものか想像もつきませんが、そんなモーツァルトよりも僕はサリエリが大好きです。
 彼は真面目でストイックであり、最後まで天才モーツァルトの大ファンでありつづけました。自らのモに対する嫉妬と神への恨みを素直に認め、モーツァルトに危害を加えようとしながらも最後まで手助けしかしていませんでした。また、歪んだ形ではあるが、神に、運命に挑もうともしたと言えます。まさに、凡人の神様であります。

・三谷幸喜作「厳流島」、「オケピ」、「笑いの大学」、「今宵の君に」、「バイ・マイセルフ」、「12人のやさしい日本人」等々

 上に書いた順によかったです。厳流島と笑いの大学は名作といっても過言ではありません。昔から、好きなテレビドラマは必ず三谷の脚本だったりします。

・SAW
 ひゅんなきっかけで劇場に見に行った。よい脚本でした。エンディングはCUBEよりも納得でき、かつあっと言わせるものでした。監督は中国系の人か?がんばって欲しいもの。

・007: Die another day

北朝鮮軍将軍の息子が一番のツボ。たいしたやつだ。いつかああいう風に「地上に光をもたらしてみたい。神をも恐れぬ傲慢さとはああいう感じを言うのだろう。

・The Terminal
 ちょっと心温まるいい作品でした。ちょっとね。

  1. 2005/01/05(水) 12:54:08|
  2. 見た本、映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<普通の日記 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/35-b0c9975c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。