超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近お札が新しいよね。

最近お札が新しいよね。
ATMでおろすと普通にピン札が出てくる
ところでATMってなんの略?

CDはCASH DESPENCER だが

むかしむかし、ぼくがアジア最大の発展途上国で暮らしていたとき、お札はみんなぼろぼろだった。ぼろぼろで汚かった。セロハンテープで補修されたりもしていた。

有名な話だが、損失したお札を日銀に持っていくと、残存面積に応じて換金してくれるらしい。日銀で手作業で面積を測るそうな 笑 ちぎった一万円でも3千円くらいになるかも?

 なにもそこまでがんばらなくてもいいだろうと思うのだけど、考えてみれば、日銀にとってお札は文字通りの「債券」であるのだから、その信用を維持するのは一大事であろう。

 まあ、一万円札を信用しない人間なんていないけどね、世の中で

 ところで硬貨の発行機関は日銀ではなく(旧)大蔵省造幣局らしい。したがってお札をお金と定義すれば硬貨はお金ではなくなり、硬貨をお金と定義すればお金はただの日銀券になる。ではお金っていったいなんぞや
  1. 2005/01/16(日) 18:00:14|
  2. 雑感、随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<他人事はひとごとと読む | ホーム | パレスチナに新しいリーダ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/42-8a1381db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。