超 自 省 録

時事、日中関係、社会問題について。会社員、オタク、二ヶ国語をしゃべるやつが、書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

他の国の民主化では、イランの元皇太子のレザ・パーレビ氏がウクライナに倣ったオレンジ革命をイランでもと主張しています。中国ではどうなのか?

また民主化によって旧ソ連のように少数民族が独立した場合の核兵器の管理はどうなるのでしょうか?米中間では米ソ間のような戦略核兵器交渉は皆無です。

最後に、大部分の中国人が反日運動に反対という彼の意見はにわかには信じがたいです。ここ数年の中国は、国力の向上とともに日本とアメリカに対して挑戦的な態度が目立ちます。そして急激な軍拡をみれば、彼の意見はあくまでも個人的なものなのでしょうか?


次回を楽しみにしています。


2005/06/07(火) 20:25:49 | URL | 舎 亜歴 #-[ 編集]


----------------------------------------
舎 にお答えします

中国の民主化は、共産党内の派閥争いが、大衆の力を借りるところから始まります。メディアは発達しつつあります。


 それと、簡潔に言いますと、あなたの心配はどれもやや的外れです。中国は間違っても分裂はしません。中国の街に行ってみてください。そんな気配すらしないでしょう。

 反日運動で打ちこわしをしているのは、一部の中国人で、それを日本のメディアも中国のメディアも過大に報道しすぎているのです。
 
 たとえば、壊されているホンダの車は中国の工場で作られたものです。一部の過激な人の行動の代償を、中国人全員で負担しているということです。これ、わかりますか?

 反日は、中国自身にとって百害あって一利なしなのです。



最近中国の挑戦的な態度が目立ちます? 笑

そんなばかな、「挑戦的」と見えるのはあなただけです。
中国はもともと世界で「一番」ですから。


当然の帰結です





  1. 2005/06/07(火) 21:07:56|
  2. 日中関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<僕の一週間の足取り | ホーム | 今日はある中国人の通訳をしました。>>

コメント

相手を調べたうえでの釣りですか?
少々性格が悪いですね。
  1. 2005/06/08(水) 08:41:56 |
  2. URL |
  3. ナナシ #-
  4. [ 編集 ]

んなこたあない。正面きって取り上げたよ。ありていにいえば、自論を述べたまでだ。

 
  1. 2005/06/08(水) 21:56:36 |
  2. URL |
  3. 超旅行人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lmaster.blog7.fc2.com/tb.php/89-fd8116e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。